トラベルキングの旅行記Ⅱ

本年もよろしくお願いいたします。

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 <2020/12/12[日帰り]>


20Q-101.jpg

20Q-102.jpg

20Q-103.jpg

20Q-104.jpg

20Q-105.jpg

20Q-106.jpg

今回は、マイカ-利用で 岐阜県各務原市にある「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」へ行ってきました。
約2年の休館を経て、2018年春にリニュ-アルオープンし、展示面積は従来の1.7倍となりました。
岐阜を13:30に出発し、到着後、屋外展示の機体を見学し、博物館に入館しました。(入館料800円)
航空エリア・宇宙エリアの順に館内を見学後、オリジナルグッズを買い求め、17:00 岐阜に戻りました。
☆本日の走行距離:41Km

画像1枚目:建物外観・・・・リニュ-アルオープンにともない、新たに「空宙博」(そらはく)の愛称が与えられました。
画像2枚目:旧陸軍三式戦闘機「飛燕」・・・・「知覧特攻平和会館」に貸与されていた機体を修復し、展示されています。
画像3枚目:航空エリア・屋内展示の機体・・・・空宙博で最も広いゾーンで、20の実機を年代別に配列しています。
画像4枚目:企画展「おかえり!はやぶさ2」・・・・小惑星探査機「はやぶさ2」の帰還に合わせ、開催されていました。
画像5枚目:日本人宇宙飛行士の活躍・・・・右から、秋山豊寛・毛利衛・向井千秋・若田光一・土井隆雄と続きます。
画像6枚目:国際宇宙ステ-ション・日本実験棟「きぼう」の実物大模型・・・・宇宙エリアのメインとなる展示物です。

関連記事①:かかみがはら航空宇宙博物館2013・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-853.html
関連記事②:鹿児島・知覧特攻平和会館2009・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-474.html

■岐阜かかみがはら航空宇宙博物館・公式ホームペ-ジ・・・・http://www.sorahaku.net/

  1. 2021/01/16(土) 00:00:00|
  2. 旅行記<2020年>
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

西美濃 紅葉の名所めぐり <2020/11/21[日帰り]>②終


20P-107.jpg

20P-108.jpg

20P-109.jpg

20P-110.jpg

20P-111.jpg

20P-112.jpg

「谷汲山 華厳寺」を後にし、国道417号線を南下していきます。池田町を経て大垣市に入りました。
大垣市赤坂にある「金生山(きんしょうざん) 明星輪寺」に立ち寄り、虚空蔵(こくぞう)菩薩を参りました。
金生山は、日本一の石灰石の産地として山の大部分が削り取られ、「明星輪寺」のある南東部が残るのみです。
最後に、大垣市青墓にある「篠尾山 円興(えんこう)寺」に立ち寄った後、17:00 岐阜に戻りました。
☆本日の走行距離:61Km

画像1枚目:金生山(標高214m)・・・・正式名称は「かなぶやま」で、山頂付近に「明星輪寺」があります。
画像2枚目:明星輪寺・地蔵堂・・・・「こくぞうさん」として親しまれ、日本三大虚空蔵の一つとされます。
画像3枚目:本堂・・・・平地より200m程度高い場所にあるため、すでに紅葉の見頃を過ぎていました。
画像4枚目:濃尾平野を一望・・・・北東の日本アルプス連山から、南は知多半島まで見渡すことができます。
画像5枚目:円興寺・石碑・・・・最澄により開山され、木造聖観音菩薩立像(国の重要文化財)を安置します。
画像6枚目:境内の紅葉・・・・「飛騨・美濃紅葉三十三選」に選定されますが、すでに見頃を過ぎていました。

関連記事:篠尾山 円興寺2010・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-740.html

■金生山 明星輪寺・公式ホームペ-ジ・・・・http://www.mirai.ne.jp/~kinsyou3/

  1. 2021/01/09(土) 00:00:00|
  2. 旅行記<2020年>
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

西美濃 紅葉の名所めぐり <2020/11/21[日帰り]>①


20P-101.jpg

20P-102.jpg

20P-103.jpg

20P-104.jpg

20P-105.jpg

20P-106.jpg

今回は、マイカ-利用で 岐阜県西濃地方(西美濃)の紅葉の名所を周ってきました。
岐阜を13:00に出発、国道157号線を走り、揖斐川町の「谷汲山 華厳寺」に立ち寄りました。
同寺は、「西国三十三箇所観音霊場」第33番札所で、満願結願の寺として知られています。
本堂・子安観音堂・満願堂に参りながら、見頃を迎えた境内の紅葉を楽しみました。

画像1枚目:華厳寺・仁王門・・・・2019年、華厳寺は他の西国霊場とともに「日本遺産」に認定されました。
画像2枚目:本堂へと続く参道・・・・桜や紅葉の名所として広く知られ、県内外から多くの観光客が訪れます。
画像3枚目:紅葉と黄葉・・・・赤に変わるのを紅葉、黄に変わるのを黄葉、褐色に変わるのを褐葉と呼びます。
画像4枚目:参道脇に鎮座する小さな地蔵・・・・頭上に載せられたモミジから、いかに小さいかが分かります。
画像5枚目:本堂より参道を見下ろす・・・・華厳寺の本尊である「十一面観世音菩薩」と書かれた幟が立ちます。
画像6枚目:谷汲山門前・・・・食事処・土産物店・旅館のほか、西国巡拝用品を取扱う店などが軒を連ねます。

関連記事:谷汲山 華厳寺2012・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-907.html

■谷汲山 華厳寺・公式ホームペ-ジ・・・・http://www.kegonji.or.jp/

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

  1. 2021/01/02(土) 00:00:00|
  2. 旅行記<2020年>
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

男はつらいよシリ-ズ<第41作・寅次郎心の旅路>

 男はつらいよ 寅次郎心の旅路 (1989年8月公開) 


東北で心身症のサラリ-マンと出会ったことから、ウィ-ンへ行く羽目になる寅次郎。初めての異国の地で迷子になった寅は、ツア-ガイドの
久美子と知り合う。故郷のかたまりみたいな寅次郎の言葉に、久美子は日本へ帰る決心を固めるが・・・・ 淡路恵子も出演するシリ-ズ第41作。
◆マドンナ/竹下景子(江上久美子役) ◆主要ロケ地/宮城県松島・オーストリア ウィ-ン

 オ-プニング 

長雨のため露店が出せず、三陸海岸の安宿に籠る寅次郎。風邪で咳き込みながら、さくらからの手紙を読みます。
「お兄ちゃんハガキありがとう。風邪をひいたんだって・・・今度はいつ帰るの。みんなで首を長くして待ってるわ」
封筒の中から1万円札を見つける寅次郎。酒が飲めると喜ぶポンシュウに一喝し、煎じ薬を飲んで吐き出します。
主題歌のミニコントは、松島めぐりの観光船内で、ポンシュウが人違いの目に遭ってしまい、大騒ぎとなります。

 爆笑シ-ン 

自殺しようとした兵馬(柄本明)を優しく諭す寅次郎。兵馬はウィ-ン(寅は湯布院と聞き違え)行きを希望します。
ある日、旅行代理店の男(イッセ-尾形)がくるまやを訪れ、二人のウィ-ン旅行(旅費は兵馬持ち)が発覚します。
寅次郎が戻り、皆の説得で海外行きを断念するも、兵馬にその旨を伝えると様子がおかしくなり、あえなく出発。
翌日、オランダ・スキポ-ル空港からさくらの家に電話をかける寅。「どこから」の問いに「スキッポ」と答えます。

 心に残る名場面 

音楽の都に全く興味を示さない寅次郎。兵馬と別行動となり、ツア-ガイドの久美子(竹下景子)と知り合います。
次の日、ドナウ川までドライブする二人。日本の話に花を咲かせるうちに、捨て去ったはずの郷愁が募る久美子。
寅次郎に帰郷を勧められたことで決心し、久美子は恋人のヘルマンとマダム(淡路恵子)に帰国する旨を伝えます。
寅らと同じ便に搭乗する直前、ヘルマンが追いかけてきて久美子を引き留めます。寅次郎は一瞬で失恋しました。

 エンディング 

盛夏を迎えたくるまや。兵馬が訪れ、ウィ-ン旅行の写真を見せてもらい、寅と久美子との一部始終を知ります。
久美子のナレ-ションでハガキが読まれ、オランダ・アムステルダムでツア-ガイドをする様子を映し出します。
場面は変わり、伊豆内浦の氣田神社で啖呵売をする寅次郎とポンシュウ。「オ-ストラリアはウィ-ン製バッグ!」
「オ-ストラリアはカンガル-の国」男子高校生に指摘され、「若い男が理屈を言うと女にもてない」と切返します。

 総 括 

第38作以来、三度目のマドンナとして登場した竹下景子。シリ-ズで唯一人、別々の役で三度起用されました。
訪日の際、機内で観た「男はつらいよ」に感銘を受けたウィ-ン市長の招致により、ウィ-ンが舞台となりました。
平成になって最初の公開作品で、次作以降は12月公開のみとなり、シリ-ズ最後の8月公開作品となりました。
満男(吉岡秀隆)は、代々木の予備校に通う予備校生となり、自由気ままに生きる寅次郎のことを羨ましがります。

★ロケ地を訪ねて(本編の登場順)
①宮城・松島・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-205.html
②東京・柴又駅・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-1056.html

☆画像:男はつらいよ 寅次郎心の旅路 <パイオニアLDC・定価4700円> 本編109分[主音声モノラル]
◇ジャケット(裏面)紹介・・・・柄本明と渥美清(左上)、渥美清と竹下景子(中)、左から竹下景子・淡路恵子・渥美清(右下)

本年も残すところ6日となりました。新型コロナウィルスは第3波を迎え、予断を許さない状況が続いております。
ステイホ-ムの年末年始になりそうですが、皆様気をつけてお過ごしください。来年もよろしくお願いいたします。

  1. 2020/12/26(土) 00:00:00|
  2. 男はつらいよシリ-ズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

クロスバイクの旅【本巣北方・旧黒野駅】<2020/11/22>


20N-101.jpg

20N-102.jpg

20N-103.jpg

20N-104.jpg

20N-105-1.jpg

20N-106.jpg

岐阜市西部を出発し、名鉄揖斐線の廃線跡を辿りながら、北方町を経て、大野町にある旧黒野駅で折り返しました。
名鉄揖斐線は、岐阜市の忠節駅と揖斐川町の本揖斐駅を結んでいた鉄道路線で、2005年4月に廃止されました。
☆走行距離:20.5Km/所要時間:3時間(9:00出発)/実走行時間:1時間45分/天候:曇り

画像1枚目:北方町ガイドマップ・・・・かつて5町あった本巣郡のうち唯一残る町で、濃尾平野の北部に位置します。
画像2枚目:円鏡(えんきょう)寺・楼門・・・・高野山真言宗別格本山の寺院で、美濃三弘法第一札所となっています。
画像3枚目:円鏡池・・・・美濃七福神(弁財天)に数えられ、文化財を多く所有し、「美濃の正倉院」と呼ばれています。
画像4枚目:風情ある家並み・・・・当地には、明応年間に北方城が築かれ、その跡地に北方陣屋が築かれました。
画像5枚目:北方東口駅跡・・・・廃線から15年経過しても、各駅のホームや軌道跡はそのまま残されています。
画像6枚目:黒野駅跡・・・・「黒野レ-ルパ-ク」として整備され、旧駅舎は「黒野ミュ-ジアム」となっています。

関連記事:揖斐線黒野駅1998・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-502.html

■円鏡寺・公式ホームペ-ジ・・・・http://enkyouji.webcrow.jp/

  1. 2020/12/19(土) 00:00:00|
  2. クロスバイクの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
次のページ

プロフィール

travelking0105

Author:travelking0105
旅行記を中心としたブログです。
旅好きな40代・二児の父です。
乗り物全般・映画・グルメの記事も
投稿しております。ご覧ください。

ランキングに参加しています

応援よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

旅行記<東日本編> (4)
旅行記<西日本編> (3)
旅行記<1992/93年> (11)
旅行記<1994年> (18)
旅行記<1995年> (30)
旅行記<1996年> (35)
旅行記<1997年> (9)
旅行記<1998年> (19)
旅行記<1999年> (9)
旅行記<2000年> (10)
旅行記<2001年> (5)
旅行記<2002年> (13)
旅行記<2003年> (55)
旅行記<2004年> (23)
旅行記<2005年> (37)
旅行記<2006年> (27)
旅行記<2007年> (45)
旅行記<2008年> (55)
旅行記<2009年> (65)
旅行記<2010年> (50)
旅行記<2011年> (50)
旅行記<2012年> (14)
旅行記<2013年> (14)
旅行記<2014年> (9)
旅行記<2015年> (15)
旅行記<2016年> (20)
旅行記<2017年> (20)
旅行記<2018年> (20)
旅行記<2019年> (20)
旅行記<2020年> (14)
クロスバイクの旅 (30)
各種イベント参加 (6)
岐阜バスの貸切車輌 (26)
国産乗用車カタログ (5)
スカイラインヒストリ- (13)
スケ-ルモデル (8)
自動車全般 (29)
男はつらいよシリ-ズ (41)
トラック野郎シリ-ズ (10)
アルバムコレクション (13)
ラ-メンチェ-ン研究 (30)
グルメ レポ-ト (32)
モモちゃん観察記 (55)
たてもの探訪 (23)
ノンジャンル (40)
未分類 (0)

月別アーカイブ

このブログの訪問者

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR