トラベルキングの旅行記Ⅱ

★2019年7月のブログ移行にともない、各記事の修正を進めております。このたび、カテゴリ 「旅行記<2008年>」 の修正が完了しました。ぜひ、ご覧ください。

岐阜バス 貸切車輌の歴史 <目次>

【ご案内】 岐阜バスの正式社名は「岐阜乗合自動車」ですが、当カテゴリでは「岐阜バス」に統一します。
      当カテゴリは、投稿内容の訂正・追記 および 画像の差替え・追加等を随時行っております。
 

 観光バスのグレ-ドアップに影響を与えた「岐阜バスの貸切車輌」 


岐阜バスは、古くからデラックス観光バスの導入に積極的な事業者として、広く知られています。
最先端を行く事業者の筆頭にあり、豪華なラインナップを展開しリピ-タ-の獲得に繋げました。
全国初の寝台バス・カラ-テレビ付バスをはじめ、特徴的な外観の特注車輌を多く登場させました。
同社で生まれた数々のアイデアは、同業他社はもとよりメ-カ-の車輌開発にも影響を与えました。
ここでは、同社で活躍した貸切車輌を、創生期・成熟期・全盛期・衰退期の順に紹介しております。
画像は、同社の販売促進用パンフレット、自身が撮りためた写真などから抜粋して使用しました。
なお、観光系モデルを使用した一般・高速路線車輌や、グル-プ会社の車輌も紹介しております。

■岐阜バスにみる「デラックス観光バス」の系譜・・・・当カテゴリの概要が分かります。
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-256.html

 観光バス 創生期                                                 昭和20年代後半~昭和40年代中盤 


■岐阜バス 貸切車輌の歴史 [1] <ボンネットバス編>・・・・貸切バス運行開始
■岐阜バス 貸切車輌の歴史 [2] <リヤエンジンバス編>・・・・大量輸送時代の到来
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-263.html
■岐阜バス 貸切車輌の歴史 [3] <オバQバス 前編>・・・・ハイウェイ時代の幕開け
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-266.html
■岐阜バス 貸切車輌の歴史 [4] <オバQバス 後編>・・・・事業拡大と敏腕アイデアマンの存在
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-269.html

☆画像:観光バス総合パンフレット「車のしおり」(1972年版)・・・・掲載車輌は「ス-パ-55」









 観光バス 成熟期                                                 昭和40年代後半~昭和50年代中盤 


■岐阜バス 貸切車輌の歴史 [5] <ジャンボスタイル 前編>・・・・メ-カ-特注車輌の導入
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-272.html
■岐阜バス 貸切車輌の歴史 [6] <セミデッカ-編/ジャンボスタイル 後編>・・・・積極的な車輌更新
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-275.html
■岐阜バス 貸切車輌の歴史 [7] <パノラマデッカ- 前編>・・・・王室風サロンバスの登場
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-279.html
■岐阜バス 貸切車輌の歴史 [8] <パノラマデッカ- 中編>・・・・デラックス車輌の標準化
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-282.html
■岐阜バス 貸切車輌の歴史 [9] <パノラマデッカ- 後編>・・・・パノラマデッカ-全盛時代
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-285.html
■岐阜バス 貸切車輌の歴史 [10] <フルデッカ-Ⅱ編>・・・・キュ-ビックスタイルへの転向
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-288.html
■岐阜バス 貸切車輌の歴史 [11] <マイクロバス編/中型モノコック編>・・・・ミニバス営業の本格参入
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-291.html

☆画像:観光バス総合パンフレット「観光バスアラカルト」(1978年版)・・・・掲載車輌は「カイゼル32」



 観光バス 全盛期                                                     昭和50年代後半~平成初期 


■岐阜バス 貸切車輌の歴史 [12] <バンホ-ル編>・・・・2階建てバスブ-ムの到来
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-297.html
■岐阜バス 貸切車輌の歴史 [13] <エアロバス 前編>・・・・エアロバスの登場
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-300.html
■岐阜バス 貸切車輌の歴史 [14] <ス-パ-エアロⅡ編/エアロバス 後編>・・・・国産初のス-パ-ハイデッカ-
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-303.html
■岐阜バス 貸切車輌の歴史 [15] <日野レインボ-編/K3型編>・・・・中型車の拡充
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-309.html
■岐阜バス 貸切車輌の歴史 [16] <エアロクィ-ンW・M編>・・・・バブル経済の幕開け
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-321.html
■岐阜バス 貸切車輌の歴史 [17] <エアロクィ-ンK・MV編>・・・・ス-パ-ハイデッカ-の標準化
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-335.html
■岐阜バス 貸切車輌の歴史 [18] <メルセデスベンツ編/エアロミディMJ・MM編>・・・・貸切車輌のさらなる高級化
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-349.html

☆画像:観光バス総合パンフレット「ENJOY BUS TOUR」(1984年版)・・・・掲載車輌は「インペリアルサル-ン」



 観光バス 衰退期                                                          90年代中盤以降 


■岐阜バス 貸切車輌の歴史 [19] <エアロクィ-ンⅠ編>・・・・新型エアロクィ-ンの登場
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-368.html
■岐阜バス 貸切車輌の歴史 [20] <エアロクィ-ンⅡ・Ⅲ編>・・・・低運転席タイプの拡充
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-386.html
■岐阜バス 貸切車輌の歴史 [21] <ニュ-エアロバス 前編>・・・・ハイデッカ-の標準化
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-394.html
■岐阜バス 貸切車輌の歴史 [22] <ニュ-エアロバス 後編>・・・・メ-カ-標準仕様の導入
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-408.html
■岐阜バス 貸切車輌の歴史 [23] <日野セレガ編/エアロエ-ス 前編>・・・・メ-カ-再編の動き
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-428.html
■岐阜バス 貸切車輌の歴史 [24] <エアロクィ-ン編/エアロエ-ス 後編>・・・・超デラックス観光バスの復活
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-854.html

☆画像:観光バス総合パンフレット「THE SIGHTSEEING BUS LINE UP」(2005年版)・・・・掲載車輌は「エンペラ-」






【参考書籍・資料】 当カテゴリを作成するにあたり、下記の書籍(◆印)・資料(◇印)を参考にしました。
◆日本のバス年代記(日本バス友の会・鈴木文彦 著)・・・・グランプリ出版/1999年11月発行
◆バスラマインタ-ナショナル<年鑑1999→2000>・・・・ぽると出版/1999年12月発行
◆バスラマエクスプレス⑩<エアロクィ-ン&エアロエ-ス>・・・・ぽると出版/2007年10月発行
◆オ-ルカラ-・昭和青春バス紀行(鎌田実 撮影)・・・・ネコ・パブリッシング/2017年11月発行
◆パ-フェクトシリ-ズ<31>2階バス(小賀野実 撮影)・・・・講談社(児童書)/1986年4月発行
◆発掘カラ-写真 昭和30年代<バス黄金時代>・・・・JTBパブリッシング/2006年1月発行
◆発掘カラ-写真 昭和40年代<バス浪漫時代>・・・・JTBパブリッシング/2007年1月発行
◆岐阜乗合自動車 三十年のあゆみ・・・・創立30周年記念社史(非売品)/1974年4月発行
◆岐阜乗合自動車 五十年のあゆみ・・・・創立50周年記念社史(非売品)/1994年3月発行
◇岐阜乗合自動車 社内報「のりあい」・・・・1975年6月~1980年10月発行分(第24~40号) 

【参考ウェブサイト】 車輌型式・年式については、下記のウェブサイトを参考にさせていただきました。
★観光バスのペ-ジ<日本の観光バス画像集>・・・・https://www.kankobus-page.jp/
★はひふへ企画・せいじの小部屋・・・・http://www.hahifuhe.sakura.ne.jp/top_001.htm

  1. 2015/12/21(月) 06:00:00|
  2. 岐阜バスの貸切車輌

岐阜バス 貸切車輌の歴史 [24] <エアロクィ-ン編/エアロエ-ス 後編>

 超デラックス観光バスの復活 (平成27年) 


2015年秋、岐阜バス観光は高価格のプレミアムバスツア-「きわみ」の募集を開始しました。
ツア-専用車として三菱ふそう「エアロクィ-ン」を1輌導入し、「エンペラ-」と命名しました。
横3席×8列の23人乗りで、車内最後部にパウダ-ル-ム(化粧台付トイレ)を設置しています。
2018年には、「エンペラ-」に準ずる仕様で36人乗りの「エンペラ-Ⅱ」を2輌導入しました。
いっぽう一般貸切では、2013年以降「エアロエ-ス」(屋根上直冷仕様)を35輌導入しました。
また高速バスでは、「エアロクィ-ン」を1輌 および 「エアロエ-ス」を13輌導入しました。
◎2017年、岐阜バス観光はグル-プ再編により、岐阜乗合自動車に吸収合併されました。

 Emperor 





▲「エンペラ-」(三菱ふそう QTG-MS96VP/2015年式)・・・・23人乗りパウダ-ル-ム付特別車です。
”走る貴賓室”がテ-マの豪華な内装で、2席シ-ト中央に肘掛ボックスを設置しました。(格納式テ-ブルを追加装備)
全席に3点式シ-トベルト・レッグレスト・フットレスト(最前列除く) および 充電用USBポ-トを装備しています。
ヘッドレストカバ-・カ-テンを季節ごとに交換することにより、乗客は車内で季節感を楽しむことができます。
全国初となるフルカラ-LED社名表示器を装着し、社名の前に四季を代表する植物のマ-クをあしらいます。
外観は、お馴染みのデザインが漆をモチ-フとした独特の柄で表現され、愛称は筆記体の表記が復活しました。
車輌価格はおよそ6000万円で、2015年に1輌導入されました。(希望ナンバ-「岐阜200く・・・1」を取得)

 Emperor ll 

エンペラ-Ⅱ-33

▲「エンペラ-Ⅱ」(三菱ふそう 2TG-MS06GP/2018年式)・・・・36人乗りパウダ-ル-ム付特別車です。
幅広シ-ト(背面式テ-ブル付)を採用し、全席に3点式シ-トベルト・フットレスト(最前列除く)を装備しています。
窓側席にAC電源コンセントと充電用USBポ-ト および 通路側席に充電用USBポ-トを装備しています。
フルカラ-LED社名表示器を装着し、外観は「エンペラ-」のゴ-ルド部分がシルバ-に変更されています。
正面窓下にもLEDシグネチャ-ライトがオプション装着され、よりいっそう精悍な顔つきとなっています。
ながら会ツア-の一部コ-スにて運用され、日帰りの場合、通常代金+1000円で利用することができます。
車輌価格はおよそ6000万円で、2018年に2輌導入されました。(希望ナンバ-「岐阜200く・・・2/3」を取得)

 Papillon (5代目) 

パピヨン116

▲「パピヨン」(三菱ふそう 2TG-MS06GP/2019年式)・・・・高速バス「岐阜新宿線」に投入された車輌です。
横3席×10列の27人乗りで、車内中央部にトイレを設置し、2019年に1輌導入されました。
赤色の外装に変更され、車体後方に従来車と比べ少し控え目にギフチョウ(岐阜蝶)をあしらいます。
新たにプライベ-トカ-テンを設置し、全席にAC電源コンセントと充電用USBポ-トを装備しています。
フルカラ-LED表示器を装着し、正面窓下にもLEDシグネチャ-ライトがオプション装着されています。
ドライバ-異常時対応システム・アクティブサイドガ-ドアシストなど、最新の安全装備を搭載しています。

 Seiryu Prince 



▲「清流プリンス」(三菱ふそう QRG-MS96VP/2013年式)・・・・51/55/56人乗り一般車です。
ハ-ドディスクカラオケ・格納式液晶テレビ(前部/後部)を装備しています。(正席49・補助席2/6/7)
正面窓周りの塗分けが変更され、2013年に6輌、2015年に5輌、2016年に10輌導入されました。
2013年式のみ「ジャスト仕様」(エアロエ-スの廉価版)が選択され、韓国メ-カ-製のシ-トを装着しています。
2015年式以降は正面・背面・乗降扉にLED表示器を装着し、インバウンド輸送や契約輸送にも対応可能です。
2015年式と2016年前期導入車は全正席にAC電源コンセントを、また2016年後期導入車は窓側席にAC電源
コンセントと充電用USBポ-トを装備しています。後年、2輌が貸切塗装のまま「Highway Express」に転用されました。
なお、2016年式のみ希望ナンバ-(西暦下2桁+前期導入車01~/後期導入車51~)を取得しています。

 Seiryu Cruiser 



▲「清流クル-ザ-」(三菱ふそう QTG-MS96VP/2015年式)・・・・44人乗り特別車です。
補助席なしで幅広シ-ト(背面式テ-ブル付)を採用し、全席にAC電源コンセントを装備しています。
シ-ト表皮は専用のものが与えられ、石畳調の床シ-ト材を採用するなど、差別化が図られています。
ハ-ドディスクカラオケ・格納式液晶テレビ(前部/後部)を装備し、2015年に2輌導入されました。
正面・背面・乗降扉にLED表示器を装着し、「岐阜新宿線」の続行便として運用されています。
なお、2013年前期導入車よりプラズマクラスタ-イオン発生装置が標準装備となりました。

 SUPER SUNRISE 



▲「ス-パ-サンライズ」(三菱ふそう 2TG-MS06GP/2017年式)・・・・55人乗り一般車です。
ハ-ドディスクカラオケ・格納式液晶テレビ(前部/後部)を装備しています。(正席45・格納式補助席10)
全正席に3点式シ-トベルト および 窓側席にAC電源コンセントと充電用USBポ-トを装備しています。
「清流プリンス」以降、三菱車では正面窓下の愛称表記を取りやめていますが、同車に限り復活しています。
2017年に4輌導入され、また同一型式・仕様の「清流プリンス」(60人乗り)も4輌導入されました。
なお、全車が希望ナンバ-(西暦下2桁+前期導入車01~/後期導入車51~)を取得しています。

 Seiryu Saloon 

清流サル-ン3

▲「清流サル-ン」(三菱ふそう 2TG-MS06GP/2019年式)・・・・53人乗り回転サロン付バスです。
ハ-ドディスクカラオケ・格納式液晶テレビ(前部/中央部/後部)を装備しています。(正席45・格納式補助席8)
全正席に3点式シ-トベルトを装備するほか、前方カメラで撮影した映像を液晶テレビに映すことができます。
窓側席にAC電源コンセントと充電用USBポ-ト および 通路側席に充電用USBポ-トを装備しています。
正面窓下にもLEDシグネチャ-ライトがオプション装着され、よりいっそう精悍な顔つきとなっています。
ドライバ-異常時対応システム・アクティブサイドガ-ドアシストなど、最新の安全装備を搭載しています。
2019年に2輌、2020年に2輌導入され、全車が希望ナンバ-(前述)を取得しています。

 Highway Express 



▲(三菱ふそう 2TG-MS06GP/2017年式)・・・・高速バス「白川郷/八幡/名古屋線」に投入された車輌です。
これらの路線用に2016年に3輌1⃣、2017年に1輌1⃣+3輌3⃣導入されました。(60人乗り・うち補助席11)
また、「高速名古屋郡上八幡線」開設に合わせ2018年に2輌3⃣導入されました。(補助席なし45人乗り) 続いて、最新の安全
装備を搭載したフェイスリフト車が2019年に1輌3⃣、2020年に1輌3⃣導入されました。(60人乗り・うち補助席11)
いっぽう、「高速高山線」用に2016年に1輌2⃣、2017年に1輌3⃣導入されました。(補助席なし42人乗り・トイレ付)
全車にフルカラ-LED表示器を装着し、全正席に3点式シ-トベルト(3⃣のみ) ・充電用USBポ-トを装備しています。
注釈1⃣・・・・QTG-規制車(屋根上直冷仕様) 注釈2⃣・・・・QTG-規制車(床下直冷仕様) 注釈3⃣・・・・2TG-規制車


★エアロクィ-ンとは・・・・「エアロクィ-ンⅠ」の後継モデルです。
正面窓周りの意匠を変え「エアロエ-ス」と差別化を図っています。
QTG-規制車は「平成21年ポスト新長期排出ガス規制」に適合し、
三菱車独自の床下エンジン直結式エアコンを採用しています。
衝突被害軽減ブレ-キ・運転注意力モニタ-などを装備し、
車間距離や車線逸脱に対する予防安全機能を強化しています。
画像は、貸切車「エンペラ-」のリヤビュ-です。



★エアロエ-ス(2TG-規制車)とは・・・・現行型「エアロエ-ス」です。
小排気量エンジンに換装され、「ポスト・ポスト新長期排出ガス規制」
に適合、全車に8速AMTを採用しています。屋根上エンジン直結式
エアコン仕様のみとなり、車内床は客席と通路の段差を解消しました。
側窓前方下部に「FUSO AERO」のエンブレムが追加され、上位モデルは
背面窓の縁にLEDシグネチャ-ライトを装着しています。
画像は、貸切車「ス-パ-サンライズ」のリヤビュ-です。


★最上級車のみに与えられる称号・・・・
数多くのデラックス観光バスを開発してきた岐阜バス。その頂点に位置づけられるのが「エンペラ-」です。
70年代後半~80年代初頭導入の「エンペラ-32」(計8輌)は、車内後部に固定サロン8席を設置しました。
80年代中盤導入の「ゴ-ルデンエンペラ-」(計4輌)も、同じく車内後半に固定サロン16席を設置しました。
90年代中盤導入の「エンペラ-」(計4輌)は、車内後部に回転サロンを設置した一般的な仕様となりました。
そして、現行の「エンペラ-」。これまでとは異なり、独立シ-トを配列した高級志向の車輌となりました。
皇帝の名に相応しい超デラックス観光バス「エンペラ-」は、常に時代のニ-ズに合わせ登場しています。

☆画像1/2/10枚目は、「トラベルWatch」様の記事より引用させていただきました。
 <出典> http://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/20151027_727612.html
☆その他画像は、岐阜バス公式サイトより引用(画像3/4/9枚目)、または 個人撮影のものより抜粋しました。

※掲載車輌の全車が現有車となっています。(2022年5月現在)

  1. 2015/12/20(日) 06:00:00|
  2. 岐阜バスの貸切車輌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

岐阜バス 貸切車輌の歴史 [23] <日野セレガ編/エアロエ-ス 前編>

 メ-カ-再編の動き 


日野といすゞは合弁会社「J-BUS」を設立し、2005年 新型「セレガ」「ガ-ラ」を発売しました。
いっぽう三菱ふそうは、2007年 新型「エアロクィ-ン」 および 「エアロエ-ス」を発売しました。
両車は日産ディ-ゼルにOEM供給され(後年 終了)、観光系モデルの製造は2社に集約されました。
岐阜バス観光では、2012年までに「セレガSHD」を2輌、「セレガHD」を1輌、「エアロエ-ス」
を13輌導入しました。また高速バスでは、「セレガSHD」と「エアロエ-ス」を各1輌導入しました。
2018年より日野車の採用を再開し、「セレガHD」を貸切車で5輌、高速バスで2輌導入しました。
◎2013年、西濃華陽観光バスが廃業となり、貸切事業は岐阜バス観光に一本化されました。

 GLORY 





▲「グロ-リ-」(日野 ADG-RU1ESAA/2006年式)・・・・53人乗り回転サロン付バスです。
一連の「三菱ふそうリコ-ル隠し問題」により、一時導入を見合わせる三菱ふそうユ-ザ-が出てきました。
2006年に2輌導入され、中型サロンバス「ファ-ストサル-ン」以来、25年ぶりの日野車採用となりました。
ハ-ドディスクカラオケ・格納式液晶テレビ(前部/後部)を装備しています。(正席45・格納式補助席8)
天井にはLEDファイバ-照明が設置され、間接照明の採用など斬新な車内空間となっています。

 Starlight (西濃華陽観光バス) 



▲「スタ-ライト」(日野 ADG-RU1ESAA/2006年式)・・・・53人乗り回転サロン付バスです。
ハ-ドディスクカラオケ・格納式液晶テレビ(前部/後部)を装備しています。(正席45・格納式補助席8)
2006年に2輌1⃣導入され、新デザイン(西濃事業部カラ-)を纏い、フラッグシップとして活躍しました。
また同年、回転サロン付の「スタ-ライトⅡ」(53人乗り)として、「セレガHD」が2輌2⃣導入されています。
両車は、廃業にともない岐阜バス観光へ転出し、「グロ-リ-」(注釈1⃣)と「清流スタ-」(注釈2⃣)に改装されました。

 Papillon (4代目) 



▲「パピヨン」(日野 PKG-RU1ESAA/2010年式)・・・・高速バス「岐阜新宿線」に投入された車輌です。
横3席×10列の28人乗りで、車内中央部にトイレを設置し、2010年に1輌導入されました。
外観デザインは一新され、ホワイトボディに数羽のギフチョウ(岐阜蝶)を可愛らしくあしらいます。
3代目車輌(HD車)選択の反省と高速ツア-バスに対抗するため、再びSHD車が選択されました。
なお、共同運行の小田急シティバスは「エアロクィ-ン」 または 「セレガSHD」を使用しています。

 Seiryu Clover 



▲「清流クロ-バ-」(日野 QRG-RU1ESBA/2012年式)・・・・51人乗り(通常使用時)電動リフト付バスです。
車内中央の8席を折畳むことにより、4台分の車椅子スペ-スを確保しています。(車椅子乗降用中扉を設置)
ハ-ドディスクカラオケ・格納式液晶テレビ(前部/後部)を装備しています。(正席45・格納式補助席6)
愛称は、「ぎふ清流国体/大会」の清流と身障者標識に描かれる四つ葉に因み付けられました。
岐阜県 および 岐阜県身障者福祉協会より補助金を受け、2012年に1輌導入されました。
なお、同車から始まる「清流シリ-ズ」は、愛称が大文字・小文字混合の表記となっています。

 Seiryu Star ll 

清流スタ-107

▲「清流スタ-Ⅱ」(日野 2RG-RU1ESDA/2018年式)・・・・60人乗り一般車です。
ハ-ドディスクカラオケ・格納式液晶テレビ(前部/後部)を装備しています。(正席49・格納式補助席11)
窓側席にAC電源コンセントと充電用USBポートを装備し、2018年に3輌導入されました。
2019年には、ドライバ-異常時対応システムを搭載した「清流スタ-」(55人乗り)が2輌導入されました。
また同年、高速バス「Highway Express」(60人乗り)として、同型車(折戸式乗降扉仕様)が2輌導入されました。 
なお、貸切車のみ希望ナンバ-(西暦下2桁+前期導入車01~/後期導入車51~)を取得しています。

 SUPER SUNRISE 



▲「ス-パ-サンライズ」(三菱ふそう BKG-MS96JP/2008年式)・・・・55/59人乗り一般車です。
ハ-ドディスクカラオケ・格納式液晶テレビ(前部/後部)を装備しています。(正席45/49・格納式補助席10)
2008年に4輌、2009年に5輌導入され、三菱の貸切車としては15年ぶりに社名表示灯が復活しました。
2010年には、回転サロン付の「ス-パ-サンライズサル-ン」(53人乗り)が4輌導入されました。
また、廃業した西濃華陽観光バスより同型車が8輌転入し、「ス-パ-サンライズ」に改装されました。
後年、2輌が「岐阜聖徳付属小中」のスク-ルバスに、1輌が「トレ-ニングバス」に転用されています。

 Highway Express 



高速氷見線

▲(三菱ふそう BKG-MS96JP/2008年式)・・・・高速バス「高岡氷見線」に投入された車輌です。
東海北陸道全線開通(7月5日)に先立ち、2008年5月に開設されました。(加越能鉄道と共同運行)
補助席なしの38人乗りで、センタ-肘掛・フットレストを装備し、車内最後部にトイレを設置しています。
開設時に1輌導入され、名古屋・名鉄岐阜⇔砺波・高岡・氷見間にて1日1往復(岐阜バス便)運行されました。
2014年3月をもって同路線から撤退(加越能鉄道のみ単独で運行継続)し、「高速高山線」に転用されました。


★日野セレガSHDとは・・・・「セレガR GD」の後継モデルです。
「平成17年新長期排出ガス規制」に適合させ、直6エンジンを搭載、
屋根上エンジン直結式エアコン仕様のみの設定となっています。
トランクル-ムは3スパンとなり広大なスペ-スを確保しています。
また、車内床は客席と通路に段差を設けず、フラットとしています。
LKG-規制車より、衝突被害軽減ブレ-キ・運転注意力モニタ-など
を装備し、車間距離や車線逸脱に対する予防安全機能を強化しています。
画像は、貸切車「グロ-リ-」のリヤビュ-です。


★エアロエ-スとは・・・・「ニュ-エアロバス」の後継モデルです。
「平成17年新長期排出ガス規制」に適合させ、直6エンジンを搭載、
排出ガスの後処理装置に尿素SCRシステムを採用しています。
従来通り、サブエンジン式エアコン仕様が標準で、屋根上エンジン
直結式エアコン仕様をオプション設定しています。(~2012年式)
放物線を描く背面窓、LED式テ-ルランプが特徴です。
画像は、高速バス「Highway Express」のリヤビュ-です。


■乗車記録(エアロエ-ス)
①「高速高岡氷見線」岐阜200か10-93・・・・名鉄岐阜⇔氷見(往路)/砺波(復路) 乗車<2008年5月12日>1⃣
②「ス-パ-サンライズ」岐阜200か11-52・・・・ながら会ツア-「信州さくらんぼ」コ-ス<2011年6月25日>
注釈1⃣・・・・当該車輌導入より1ヶ月以内に乗車

☆各画像は、ご提供いただいたものを使用(画像2/3/5/6枚目)、または 個人撮影のものより抜粋しました。

※掲載車輌のうち、「清流クロ-バ-」と「清流スタ-」(現行)「清流スタ-Ⅱ」の全車、および 「ス-パ-サンライズ」
 「ス-パ-サンライズサル-ン」の一部と「トレ-ニングバス」が現有車となっています。(2022年5月現在)

  1. 2008/10/07(火) 21:17:00|
  2. 岐阜バスの貸切車輌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

岐阜バス 貸切車輌の歴史 [22] <ニュ-エアロバス 後編>

 メ-カ-標準仕様の導入 (2000年以降) 


規制緩和による新規事業者の増加 および 市場の縮小により、既存事業者は苦境に立たされます。
岐阜バスでは、さらなる車輌のコストダウンを狙い、メ-カ-標準仕様の導入を進めていきます。
KL-規制・PJ-規制の「ニュ-エアロバス」は、2006年にかけて合計44輌導入されました。
また2006年にかけて、中型車「ブリリアント」として「エアロバスMM」を5輌導入しました。
いっぽう高速バスでは、ハイデッカ-4輌のほか、スタンダ-ドデッカ-8輌を導入しました。
◎2002年、岐阜乗合自動車より貸切バス部門が分社化され、「岐阜バス観光」となりました。
◎2007年、「高速新宿線」「高速京都/大阪/神戸線」の運行が岐阜バス観光に移管されました。

 SUPER SUNRISE 





▲「ス-パ-サンライズ」(三菱ふそう KL-MS86MP/2005年式)・・・・55/59/60人乗り一般車です。
シンセサイザ-カラオケ または ハ-ドディスクカラオケを装備しています。(正席45/49・格納式補助席10/11)
2000年に2輌、2001年に3輌、2002年に5輌、2003年に10輌、2004年に12輌、2005年に7輌、
2006年に4輌(PJ-規制車)導入されました。なお、2004年式以降は、前部に格納式液晶テレビ、後部に固定式
液晶テレビを装備しています。また、2013年に廃業した西濃華陽観光バスより同型車(KL-規制車)が15輌転入し、
うち10輌が「ス-パ-サンライズ」に、回転サロン付の5輌が「ス-パ-サンライズサル-ン」に改装されました。
2018年度~20年度、「岐阜聖徳学園大学付属小・中学校」のスク-ルバス運行を受託し、2005年式以降の
うち10輌が専用カラ-に改装の上 転用されました。(希望ナンバ-「岐阜230#10-01~10-10」を取得)

 FOUR SEASONS 



▲「フォ-シ-ズンズ~四季~」(三菱ふそう KL-MS86MP/2005年式)・・・・40人乗り特別車です。
岐阜バストラベル主催のながら会ツア-専用車で、ホワイトボディにバスのイラストがデザインされています。
補助席なしで幅広シ-トを採用し、車内最後部はパウダ-ル-ム(トイレ・水回り非装備)となっています。
ハ-ドディスクカラオケ・格納式液晶テレビ(前部/後部)を装備し、2005年に1輌導入されました。
後年、パウダ-ル-ム撤去にともない45人乗りに改装され、クリ-ム色の外装に変更されました。

 Papillon (3代目) 



▲「パピヨン」(三菱ふそう KL-MS86MP/2003年式)・・・・高速バス「岐阜新宿線」に投入された車輌です。
横3席×10列(最後列は横2席)の29人乗りで、車内最後部にトイレを設置し、2003年に1輌導入されました。
しばらく「岐阜新宿線」にて運用されましたが、共同運行の小田急シティバスと車輌サ-ビスを合わせるため、2代目車輌
と交代しました。後年、横4席に改装(「Highway Express」に表記変更)され、各高速路線の予備車として活躍しました。
さらに、「高速バス標準カラ-」に改装され、「高速白川郷線」「高速高山線」の運用に就きました。

 高速京都線 (美濃市ラッピング) 



▲(三菱ふそう KL-MS86MP/2004年式)・・・・高速バス「岐阜京都線」に投入された車輌です。
補助席なしの42人乗りで、車内最後部にトイレを設置し、2004年に3輌導入されました。
美濃市がスポンサ-となり、ボディには「美濃まつり」「うだつの上がる町並み」がデザインされています。
1日4往復で運行を開始した同路線は、2往復まで減便され、2013年3月に廃止されました。
残る1輌は「高速バス標準カラ-」で登場し、減便の際 「高速高山線」に転用されています。
もう1輌は「関市ラッピング」で登場し、画像の車輌とともに路線廃止まで活躍しました。

 EXPOライナ- (高速バス標準カラ-) 



▲(三菱ふそう KL-MS86MS/2005年式)・・・・「愛地球博」のシャトルバスに投入された車輌です。
標準尺のスタンダ-ドデッカ-で、スイング式乗降扉を採用しています。(60人乗り・うち補助席11)
同型車は2005年春に5輌導入され、うち2輌は「高速八幡線」「高速名古屋線」に投入されました。
残り3輌は「EXPOライナ-」に投入され、会期終了後「高速八幡線」「高速名古屋線」に転用されました。
また、2005年秋に3輌(補助席なし45人乗り)導入され、「高速大阪線」「高速名古屋線」に投入されました。
なお「高速大阪線」は、運行区間変更(名鉄岐阜⇔大阪なんば・三宮)を経て、2008年10月に廃止されました。
2013年~18年には、「高速関長島線」(関・名鉄岐阜⇔長島温泉)の運用に就きました。(三重交通と共同運行)

 Brilliant 

ブリリアント-2

▲「ブリリアント」(三菱ふそう PA-MM86FH/2005年式)・・・・27人乗り回転サロン付バスです。
ハ-ドディスクカラオケ・格納式液晶テレビ・間接照明を装備し、2005年に2輌、2006年に2輌導入されました。
また2004年には、シンセサイザ-カラオケを装備した「ブリリアント」(28人乗り)が1輌導入されています。
なお、これらの車輌はトランクル-ムの容積を拡大した屋根上エンジン直結式エアコン仕様となっています。


★PJ-規制車とは・・・・MS-8系エアロシリ-ズの最終型式です。
「平成16年新短期排出ガス規制」に適合させ、直6エンジンを搭載
したことにより、ホイ-ルベ-スが150mm短縮されました。
また、後部灯火機器の配置変更が行われ、従来型のテ-ルランプ
とバンパ-の間に、新たにストップランプが設置されています。
シャ-シまわりは、次期モデルにキャリ-オ-バ-されました。
画像は、貸切車「ス-パ-サンライズ」のリヤビュ-です。


★スタンダ-ドデッカ-(標準デッキ車)とは・・・・
「ニュ-エアロバス」の廉価バ-ジョンで、排ガス規制の違いにより、U-車・KC-車・KL-車があります。
全高はハイデッカ-と比べ180mm低く、標準尺車(S尺)と短尺車(N尺)があります。(MS-7系と同尺)
主に、リムジンバスや近距離の高速バスに採用され、貸切車としての採用は少数にとどまっています。
名古屋自動車製作所・三菱自動車バス製造→三菱ふそうバス製造にて2005年まで生産されました。

■乗車記録(ニュ-エアロバス)
①「高速京都線」岐阜200か・505・・・・新岐阜→京都駅八条口 乗車「京都駅周辺散策」<2004年7月3日>1⃣
②「高速京都線」岐阜200か・506・・・・京都駅八条口→新岐阜 乗車「京都駅周辺散策」<2004年7月3日>1⃣
③「EXPOライナ-」岐阜200か・630・・・・名鉄岐阜→万博会場 乗車「愛地球博見学」<2005年6月5日>2⃣
④「高速大阪線」岐阜200か・731・・・・名鉄岐阜→大阪なんば 乗車「大阪ミナミ散策」<2005年10月9日>1⃣
⑤「ス-パ-サンライズ」岐阜200か・475・・・・ながら会ツア-「天橋立7大味覚」コ-ス<2006年4月29日>
⑥「高速京都線」岐阜200か・507・・・・名鉄岐阜→京都駅八条口 乗車「京都紅葉散策」<2006年12月3日>
⑦「パピヨン」岐阜200か・414・・・・名鉄岐阜→京都深草BS 乗車「京都東山花灯路」<2007年3月21日>
⑧「ス-パ-サンライズ」岐阜200か・366・・・・ながら会ツア-「四国八十八ヶ所」コ-ス<2008年3月20日>
⑨「ス-パ-サンライズ」岐阜200か・301・・・・イベント「犬山市 リトルワ-ルド」(貸切)<2008年9月21日>
⑩「ス-パ-サンライズ」岐阜200か10-89・・・・ながら会ツア-「高野山奥の院」コ-ス<2008年12月7日>
⑪「ス-パ-サンライズ」岐阜200か・646・・・・ながら会ツア-「秋の大収穫祭」コ-ス<2010年9月25日>
⑫「ス-パ-サンライズ」岐阜200か・644・・・・研修旅行「南知多 海鮮BBQ」(貸切)<2015年6月20日>
注釈1⃣・・・・当該車輌導入より1ヶ月以内に乗車 注釈2⃣・・・・当該車輌導入より4ヶ月以内に乗車

☆各画像は、「SIGHTSEEING BUS LINE UP」(2005年版)ほか、および 個人撮影のものより抜粋しました。

※掲載車輌のうち、「岐阜聖徳学園大学付属小・中学校」のスク-ルバスに使用していた「サンライズ」の一部、
 および 「ブリリアント」の一部が現有車となっています。(2022年5月現在)

  1. 2008/09/05(金) 00:06:00|
  2. 岐阜バスの貸切車輌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

岐阜バス 貸切車輌の歴史 [21] <ニュ-エアロバス 前編>

 ハイデッカ-の標準化 (90年代後半)


バブル経済が崩壊し、これまで好調に推移してきた観光バス業界にも翳りが見え始めます。
各事業者は、より低コスト・低燃費の車輌を選択し、ハイデッカ-の導入を進めていきます。
岐阜バスでは、1995年 「ス-パ-サンライズ」として「ニュ-エアロバス」の導入を開始します。
車内は、回転サロンを設置しない55/59人乗りの汎用タイプとし、悌団運行に対応しました。
U-規制・KC-規制の「ニュ-エアロバス」は、1998年にかけて合計36輌導入されました。
また1996年、中型車「ブリリアントマックス」として「エアロバスMM」を1輌導入しました。 

 SUPER SUNRISE 





▲「ス-パ-サンライズ」(三菱ふそう U-MS826P/1995年式)・・・・55/59人乗り一般車です。
「サンライズ55/60」の後継車輌で、愛称に「ス-パ-」が付けられました。(正席45/49・格納式補助席10)
全車、シンセサイザ-カラオケを装備(初期の車輌はレ-ザ-ディスクカラオケより換装)しています。
1995年に13輌(うち11輌はU-規制車)、1996年に6輌、1997年に11輌、1998年に4輌導入
されました。後年、1輌が「ス-パ-サンライズ36」に、3輌が「ス-パ-サンライズ37」に改装されています。

 SUPER SUNRISE 36 (TDL20周年ラッピング) 



▲「ス-パ-サンライズ36」(三菱ふそう KC-MS829P/1997年式)・・・・36人乗り寝台バスです。
従来、ディズニ-リゾ-トへ運行していた寝台バスが、「八都県市ディ-ゼル規制」に適合しなくなりました。
これらの車輌との置き換えのため、シ-トピッチを拡げ、寝台仕様に改装されました。(格納式補助席は撤去)
画像は、「東京ディズニ-ランド20周年」(2003年)のフルラッピングを纏った名鉄観光のツア-専用車です。

 KNIGHT 



▲「ナイト」(三菱ふそう KC-MS829M/1996年式)・・・・54人乗り一般車です。
ニュ-エアロバスのショ-トバ-ジョン(短尺車)で、上高地向けとして1996年に2輌導入されました。
シンセサイザ-カラオケを装備(レ-ザ-ディスクカラオケより換装)しています。(正席45・格納式補助席9)
短尺車(標準尺車-740mm)に対し定員重視の11列としているため、シ-トピッチがやや狭くなっています。

 Florale (華陽観光バス) 



▲「フロ-ラル」(三菱ふそう KC-MS829M/1998年式)・・・・55人乗り一般車です。
ニュ-エアロバスのショ-トバ-ジョン(短尺車)で、上高地向けとして1998年に1輌導入されました。
濃色のブロンズガラスを採用し、シンセサイザ-カラオケを装備しています。(正席45・格納式補助席10)
なお、三菱ふそうでは2005年のマイナ-チェンジ(PJ-規制)を機に、短尺車(M尺)の生産を終了しています。

 Brilliant Max 



▲「ブリリアントマックス」(三菱ふそう U-MM826H/1994年式)・・・・28人乗り回転サロン付バスです。
1999年に廃業した京都観光バスより1輌転入し、同社の特徴仕様としてブル-の着色ガラスとなっています。
また、最後列はリクライニングシ-トではなく、固定式のソファ-シ-ト(4人掛け)となっています。
なお、この車輌はトランクル-ムの容積を拡大した屋根上エンジン直結式エアコン仕様となっています。

 Merci Vacance ll (華陽観光バス) 



▲「メルシ-バカンスⅡ」(三菱ふそう U-MM826H/1995年式)・・・・28人乗り回転サロン付バスです。
1995年に1輌導入されましたが、後年 岐阜バスへ転出し、「ブリリアントマックス」に改装されました。
また岐阜バスでは、1996年に「ブリリアントマックス」が1輌(KC-規制車)導入されています。
なお、これらの車輌は大型車と同じサブエンジン式エアコン仕様となっています。


★ニュ-エアロバスとは・・・・「エアロバス」の後継モデルです。排ガス
規制の違いにより、U-車・KC-車・KL-車・PJ-車があります。
1992年から1998年4月まで名古屋自動車製作所にて生産
(一部 三菱自動車バス製造でも並行生産)、以降 2007年まで
三菱自動車バス製造→三菱ふそうバス製造にて生産されました。
貸切車のほか、リムジンバスへの採用も多くみられました。
画像は、貸切車「ナイト」のリヤビュ-です。


★エアロバスMMとは・・・・
「エアロミディMM」の後継モデルです。排ガス規制の違いにより、U-車・KC-車・KK-車・PA-車があります。
全長9mで、ハイデッカ-とスタンダ-ドデッカ-がラインナップされました。(全高は大型車と共通)
1993年から2007年まで三菱自動車バス製造→三菱ふそうバス製造にて生産されました。
中型観光系モデルは、2008年に「エアロエ-ス ショ-トタイプMM」に引き継がれています。

★梯団運行とは・・・・
修学旅行や遠足など複数台で運行することを「梯団(ていだん)運行」と呼び、通常 同一車種で揃え配車します。
中京圏・近畿圏の事業者では、最終が1号車、その前に2号車の順で番号が付けられます。(それ以外は逆)
一般的に、先頭と最終にはベテランの運転士を配置し、中間に配置された経験の浅い運転士を支援します。
岐阜バスでは、35号車までの号車シ-ルを用意し、正面窓・背面窓・乗降扉窓の3ヶ所に貼っています。

☆各画像は、「SIGHTSEEING BUS LINE UP」(2002年版)ほか、および 個人撮影のものより抜粋しました。

  1. 2008/08/08(金) 23:32:00|
  2. 岐阜バスの貸切車輌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

travelking0105

Author:travelking0105
旅行記を中心としたブログです。
旅好きな40代・二児の父です。
乗り物全般・映画・グルメの記事も
投稿しております。ご覧ください。

ランキングに参加しています

応援よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

旅行記<東日本編> (4)
旅行記<西日本編> (3)
旅行記<1992/93年> (11)
旅行記<1994年> (18)
旅行記<1995年> (30)
旅行記<1996年> (35)
旅行記<1997年> (9)
旅行記<1998年> (19)
旅行記<1999年> (9)
旅行記<2000年> (10)
旅行記<2001年> (5)
旅行記<2002年> (13)
旅行記<2003年> (55)
旅行記<2004年> (23)
旅行記<2005年> (37)
旅行記<2006年> (27)
旅行記<2007年> (45)
旅行記<2008年> (55)
旅行記<2009年> (65)
旅行記<2010年> (50)
旅行記<2011年> (50)
旅行記<2012年> (14)
旅行記<2013年> (14)
旅行記<2014年> (9)
旅行記<2015年> (15)
旅行記<2016年> (20)
旅行記<2017年> (20)
旅行記<2018年> (20)
旅行記<2019年> (20)
旅行記<2020年> (15)
旅行記<2021年> (15)
旅行記<2022年> (9)
クロスバイクの旅 (32)
各種イベント参加 (7)
岐阜バスの貸切車輌 (26)
国産乗用車カタログ (5)
スカイラインの歴史 (13)
スケ-ルモデル (8)
自動車全般 (18)
バス◆雑記 (16)
鉄道◆雑記 (11)
音楽◆雑記 (7)
テレビ番組 (6)
日本映画レビュ- (2)
男はつらいよシリ-ズ (50)
トラック野郎シリ-ズ (10)
アルバムコレクション (14)
ラ-メンチェ-ン研究 (30)
グルメレポ-ト (40)
モモちゃん観察記 (56)
たてもの探訪 (23)
ノンジャンル (37)
未分類 (0)

月別アーカイブ

このブログの訪問者

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR