トラベルキングの旅行記Ⅱ

★2019年7月のブログ移行にともない、各記事の修正を進めております。このたび、カテゴリ 「旅行記<2008年>」 の修正が完了しました。ぜひ、ご覧ください。

旅行記<2018年>目次

旅行記<2018年>の投稿は、これで終了です。
以下、投稿順に紹介します。

①梅林公園と清流ライナ-乗車<3月10日>
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-924.html

②岩倉市 五条川の桜並木<3月31日>
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-927.html

③ユニバ-サル・スタジオ・ジャパン<4月13日>(全2回投稿)
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-930.html

④ミツカンミュ-ジアム(MIM)<4月28日>
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-932.html

⑤諏訪大社とビ-ナスライン完走の旅<5月5日>(全3回投稿)
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-933.html

⑥名鉄特急乗車と竹島海岸散策<6月2日>(全2回投稿)
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-936.html

⑦あいち航空ミュ-ジアム<7月29日>
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-944.html

⑧アドベンチャ-ワ-ルドと南紀白浜温泉Ⅱ<8月13.14日>(全4回投稿)
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-946.html

⑨養老公園 養老天命反転地<9月23日>
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-952.html

⑩スト-ンミュ-ジアム博石館<10月7日>
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-954.html

⑪両界山 横蔵寺の紅葉<11月18日>
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-961.html

⑫名古屋港水族館<12月15日>
  https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-968.html

  1. 2019/01/12(土) 00:30:00|
  2. 旅行記<2018年>
  3. | コメント:0

名古屋港水族館 <2018/12/15[日帰り]>







今回は、マイカ-利用で 名古屋市港区にある「名古屋港水族館」(1992年開館)へ行ってきました。
岐阜を8:30に出発、岐阜羽島インタ-より名神高速に入り、一宮インタ-より名古屋高速に入りました。
港明出口で下り、9:30 名古屋港ガ-デン埠頭にある「名古屋港水族館」(入場料2000円)に到着しました。
国内最大の延床面積を誇る水族館として知られ、南館(1992年開館)と北館(2001年開館)で構成されます。
北館・南館の順に見学し、館内レストランにて昼食後、スタジアムで「シャチ公開トレ-ニング」を観覧しました。
ミュ-ジアムショップにてショッピング後、15:00に出発、元来た道を走り、16:00 岐阜に到着しました。
☆本日の走行距離:112Km

画像1枚目:名古屋港水族館・・・・イルカ・ベル-ガ・ペンギン・ウミガメ などが飼育・繁殖・研究されています。
画像2枚目:北館・くじら博物館・・・・シャチやキタトックリクジラなど、本物の骨格標本やレプリカを展示します。
画像3枚目:南館・トンネル水槽・・・・天井まで水槽が広がり、まるで海中を散歩している雰囲気を味わえます。
画像4枚目:南館・ペンギン水槽・・・・国内では「アドベンチャ-ワ-ルド」と同館のみ飼育の「皇帝ペンギン」です。
画像5枚目:南館・くらげなごりうむ・・・・暗室化されたクラゲ専用の大型水槽にて、様々なクラゲを観察できます。
画像6枚目:北館・スタジアム・・・・世界最大級の野外水槽(メインプ-ル) にて、ダイナミックなショ-を行います。

関連記事:沖縄美ら海水族館2007・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-281.html

■名古屋港水族館・公式ホ-ムペ-ジ・・・・http://www.nagoyaaqua.jp/

★本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

  1. 2019/01/05(土) 00:00:00|
  2. 旅行記<2018年>
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

両界山 横蔵寺の紅葉 <2018/11/18[日帰り]>







今回は、マイカ-利用で 岐阜県揖斐川町にある「両界山 横蔵寺」(りょうかいざん よこくらじ)」へ行ってきました。
岐阜を10:30に出発、国道21号線→本巣縦貫道→国道303号線を走り、11:30 「横蔵寺」に到着しました。
「西美濃三十三霊場」第1番札所で、境内に舎利仏(即身仏)が安置され、「ミイラのある寺」として有名です。
近隣の「谷汲山 華厳寺」とならぶ紅葉の名所であり、駐車場では他県ナンバ-の車が多くみられました。
「横蔵寺」を12:30に出発、元来た道を走り、13:30 岐阜に到着しました。 ☆本日の走行距離:65Km

画像1枚目:医王橋・・・・横蔵寺きっての紅葉撮影スポットで、11月1~30日にはライトアップが行われます。
画像2枚目:寺門と紅葉・・・・重要文化財を含む多数の文化財を有し、「美濃の正倉院」とも呼ばれています。
画像3枚目:仁王門(岐阜県指定重要文化財)・・・・三間一戸・檜皮葺の楼門で、2階は鐘楼を兼ねています。
画像4枚目:三重塔(岐阜県指定重要文化財)・・・・仁王門・本堂とともに、江戸時代初期に復興されました。
画像5枚目:色鮮やかな紅葉・・・・台風の影響で、モミジの葉は吹き飛ばされ、紅葉木は半減していました。
画像6枚目:舎利堂・・・・横蔵出身の「妙心法師」の即身仏が祀られています。(宝物館共通拝観料500円)

関連記事:谷汲山 華厳寺2012・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-907.html

■揖斐川町ホ-ムペ-ジ・両界山 横蔵寺・・・・http://www.town.ibigawa.lg.jp/kankoujyouhou/0000006092.html

  1. 2018/12/01(土) 00:00:00|
  2. 旅行記<2018年>
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

スト-ンミュ-ジアム博石館 <2018/10/7[日帰り]>







今回は、マイカ-利用で 「スト-ンミュ-ジアム博石(はくせき)館」(1985年開館)へ行ってきました。
岐阜を8:30に出発、岐阜羽島インタ-より名神高速に入り、小牧ジャンクションより中央道に入りました。
虎渓山(こけいざん)パ-キングエリアにて休憩をとり、恵那インタ-を経て、10:00 「博石館」に到着しました。
「恵那錆石」の産地・旧恵那郡蛭川(ひるかわ)村にある、石をテ-マとしたミュ-ジアムです。(入館料800円)
「宝石探し体験」(体験料800円)や「地下迷路」を楽しんだ後、昼食をとり、13:30 「博石館」を出発しました。
恵那駅前にある「あまから本店」にて五平餅を賞味した後、元来た道を走り、16:00 岐阜に到着しました。
☆本日の走行距離:196Km

画像1枚目:鉱物館・・・・旧蛭川村から産出される鉱物を中心に、世界各地の珍しい鉱物が展示されています。
画像2枚目:宝探し探検スト-ンパ-ク・・・・砂の中に埋められた宝石(数十種類)を、お椀や手で探し出します。
画像3枚目:蛭川産御影石を使用したピラミッド・・・・クフ王のピラミッドを10分の1の縮尺で再現しています。
画像4枚目:喫茶ムウ・ピラミッドカレ-大盛り(1300円)・・・・ピラミッドの形状をしたライスがユニ-クです。
画像5枚目:恵那市街を眺望・・・・市中心部には「中山道 大井宿」、北部には景勝地「恵那峡」があります。
画像6枚目:あまから本店・・・・朝ドラ「半分、青い。」で五平餅ブ-ムに火がつき、行列ができていました。

関連記事:中山道 大井宿2011・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-830.html

■スト-ンミュ-ジアム博石館・公式ホ-ムペ-ジ・・・・http://www.hakusekikan.co.jp/

  1. 2018/10/13(土) 00:00:00|
  2. 旅行記<2018年>
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

養老公園 養老天命反転地 <2018/9/23[日帰り]>







今回は、マイカ-利用で 岐阜県養老(ようろう)町にある「養老天命反転地」へ行ってきました。
岐阜を9:30に出発し、国道21号線→県道96号線を走り、10:30 「養老公園」に到着しました。
こどもの国エリアで遊んだ後、昼食をはさみ、「養老天命反転地」(入場料750円)に入場しました。
「荒川修作とマドリン・ギンズ」による構想を実現した実験的なア-トプロジェクトで、1995年に開園しました。
メインパビリオンとなる「極限で似るものの家」「楕円形のフィ-ルド」を鑑賞し、不思議な世界を体感しました。
「養老公園」を15:00に出発し、元来た道を走り、16:00 岐阜に到着しました。 ☆本日の走行距離:54Km

画像1枚目:養老公園案内板・・・・上端が養老駅、赤色部分が「天命反転地」、下端が「養老の滝」となります。
画像2枚目:岐阜県営こどもの国・のびのびひろば・・・・養老山地をバックに傾斜のついた芝生が広がります。
画像3枚目:養老天命反転地記念館・・・・アニメ映画「聲の形」に登場し、聖地巡礼する女性客で溢れました。
画像4枚目:極限で似るものの家・・・・内部の机・壁・天井が上下左右全く無視した場所に配置されています。
画像5枚目:楕円形のフィ-ルド・・・・日本列島をモチ-フとしており、起伏に富んだ地面は錯覚を与えます。
画像6枚目:濃尾平野を遠望・・・・窪地や滑りやすい斜面が多く、ヘルメット・運動靴の貸出を行っています。

関連記事:養老の滝2009・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-608.html

■養老天命反転地・公式ホ-ムペ-ジ・・・・http://www.yoro-park.com/facility-map/hantenchi/

  1. 2018/09/29(土) 23:00:00|
  2. 旅行記<2018年>
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

travelking0105

Author:travelking0105
旅行記を中心としたブログです。
旅好きな40代・二児の父です。
乗り物全般・映画・グルメの記事も
投稿しております。ご覧ください。

ランキングに参加しています

応援よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

旅行記<東日本編> (4)
旅行記<西日本編> (3)
旅行記<1992/93年> (11)
旅行記<1994年> (18)
旅行記<1995年> (30)
旅行記<1996年> (35)
旅行記<1997年> (9)
旅行記<1998年> (19)
旅行記<1999年> (9)
旅行記<2000年> (10)
旅行記<2001年> (5)
旅行記<2002年> (13)
旅行記<2003年> (55)
旅行記<2004年> (23)
旅行記<2005年> (37)
旅行記<2006年> (27)
旅行記<2007年> (45)
旅行記<2008年> (55)
旅行記<2009年> (65)
旅行記<2010年> (50)
旅行記<2011年> (50)
旅行記<2012年> (14)
旅行記<2013年> (14)
旅行記<2014年> (9)
旅行記<2015年> (15)
旅行記<2016年> (20)
旅行記<2017年> (20)
旅行記<2018年> (20)
旅行記<2019年> (20)
旅行記<2020年> (15)
旅行記<2021年> (15)
旅行記<2022年> (9)
クロスバイクの旅 (32)
各種イベント参加 (7)
岐阜バスの貸切車輌 (26)
国産乗用車カタログ (5)
スカイラインの歴史 (13)
スケ-ルモデル (8)
自動車全般 (18)
バス◆雑記 (16)
鉄道◆雑記 (11)
音楽◆雑記 (7)
テレビ番組 (6)
日本映画レビュ- (2)
男はつらいよシリ-ズ (50)
トラック野郎シリ-ズ (10)
アルバムコレクション (14)
ラ-メンチェ-ン研究 (30)
グルメレポ-ト (40)
モモちゃん観察記 (56)
たてもの探訪 (23)
ノンジャンル (37)
未分類 (0)

月別アーカイブ

このブログの訪問者

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR