トラベルキングの旅行記Ⅱ

★2019年7月のブログ移行にともない、各記事の修正を進めております。このたび、カテゴリ 「旅行記<2008年>」 の修正が完了しました。ぜひ、ご覧ください。

北陸鉄道 加賀一の宮駅


北陸鉄道(通称:ほくてつ)は、石川県金沢市を中心に鉄道路線とバス路線を有する名鉄系の中小私鉄です。
うち鉄道路線は、石川線(野町~加賀一の宮)と、浅野川線(北鉄金沢~内灘)の2路線を営業しています。
画像は、石川線の終点・加賀一の宮駅です。近くには、加賀国一宮・白山比(しらやまひめ)神社があります。
1927年(昭和2年)の開業時の姿を残す木造駅舎は、社殿を模した唐破風(からはふ)の玄関屋根が特徴です。
平常は無人駅でひっそりとしていますが、毎年大晦日の夜は、白山比神社への初詣客で混雑するそうです。
なお、当駅より先は かつて金名(きんめい)線が走っており、名古屋まで延伸させる壮大な計画がありました。

関連記事:北陸ロ-カル私鉄の旅(北鉄石川線)・・・・http://blogs.yahoo.co.jp/travelking0105/17625810.html

  1. 2008/08/30(土) 22:07:03|
  2. たてもの探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ラ-メンチェ-ン研究[16] <会津・喜多方ラ-メン坂内>


今回は、「会津・喜多方ラ-メン坂内(ばんない)」です。
1987年 喜多方市「坂内食堂」の協力を得て、東京新橋に「会津・喜多方ラーメンの店 くら」を開店しました。
1988年 フランチャイズ事業化のため「(株)麺食」を設立し、屋号を「会津・喜多方ラーメン坂内」に変更しました。
現在、「会津・喜多方ラ-メン坂内」19店舗、「会津・喜多方ラ-メン小法師(こぼし)」37店舗を展開しています。
店内は30名ほど入店でき、テ-ブル席・カウンタ-席が用意されています。
メニュ-は、喜多方ラ-メン580円・焼豚ラ-メン850円・ねぎラ-メン730円などです。
サイドメニュ-として、焼豚のせご飯・チャ-ハン・餃子などがあります。

今回注文したのは、「焼豚ラ-メン」(850円)です。麺は、太麺・細麺のいずれかが選べます。
坂内食堂そのままの味が楽しめ、多量の「トロ焼豚」が盛り付けられ満腹感も得られる一品です。

関連記事:喜多方・坂内食堂・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-108.html

  1. 2008/08/28(木) 22:18:00|
  2. ラ-メンチェ-ン研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

東京下町散策と北鎌倉 <2008/8/14.15[1泊2日]>④終







鎌倉街道をしばらく歩き、鎌倉五山第一位の「建長寺」(けんちょうじ)に立ち寄り、拝観後 昼食をとりました。
建長寺は、臨済宗建長寺派の大本山で、山号を巨福(こふく)山といいます。(1253年 北条時頼により創建)
バスにて北鎌倉へ移動し、鎌倉五山第二位の「円覚寺」(えんがくじ)に立ち寄り、広大な境内を散策しました。
円覚寺は、臨済宗円覚寺派の大本山で、山号を瑞鹿(ずいろく)山といいます。(1282年 北条時宗により創建)
北鎌倉14:20発の横須賀線・成田空港行き「快速・エアポ-ト成田」に乗車し、品川には15:03に到着しました。
17:04発の東海道新幹線・新大阪行き「こだま573号」に乗車し、岐阜羽島には19:57に到着しました。

旅を終えて・・・・今回は東京の下町にスポットをあて、いつもと違ったエリアに足を伸ばすことができました。
また鎌倉では、江ノ電・全区間乗車をはじめ、鎌倉中心部から北鎌倉にかけて名刹めぐりを楽しみました。
2日間ともに天候に恵まれ、汗ばむ陽気となりましたが、カフェなどで休憩をとりながら暑さをしのぎました。

画像1枚目:建長寺・三門・・・・銅板葺きの二重門は、その大きさに圧倒されます。(重要文化財に指定)
画像2枚目:建長寺・庭園と得月楼(とくげつろう)・・・・2003年 創建750年記念事業として新築されました。
画像3枚目:建長寺・法堂(はっとう)の天井に掲げられた雲龍図・・・・縦約10m・横約12mに及ぶ巨大画です。
画像4枚目:円覚寺・総門(直線階段の奥)・・・・鎌倉街道から東に折れ、横須賀線の踏切を渡った所にあります。
画像5枚目:円覚寺・庫裡(くり)・・・・各種儀式・行事に用いられる建物である方丈(ほうじょう)に隣接しています。
画像6枚目:東海道新幹線300系/岐阜羽島にて・・・・途中駅で「のぞみ」「ひかり」に何度も追い越されます。

  1. 2008/08/26(火) 23:10:00|
  2. 旅行記<2008年>
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

男はつらいよシリ-ズ <第10作・寅次郎夢枕>

 男はつらいよ 寅次郎夢枕 (1972年12月公開) 


寅次郎が旅から帰ると、幼馴染みの千代が美しくなって柴又で美容院を開店していた。例によって、寅次郎は彼女に熱をあげるが、とらやに
下宿している大学助教授が千代に一目惚れしてしまったから話がややこしくなるのであった。名女優・田中絹代も出演するシリ-ズ第10作。
◆マドンナ/八千草薫(志村千代役) ◆主要ロケ地/山梨県明野

 オ-プニング 

今作も、寅次郎が見る「夢」で始まります。昭和初期のカフェにて・・・・高利貸しの親分(吉田義夫)が女給のさくらを
手込めにしようとします。そこへ、マドロス姿の「マカオの寅」が現れ、親分に発砲した後 刑事に連行されます。
目覚めたのは、中央西線・日出塩駅。蒸気機関車が引く貨物列車が、寅次郎の前を通り過ぎていきます。
続く主題歌では、寅が乳母車を土手から転がしてしまうミニコントが入っており、笑いを誘います。

 爆笑シ-ン 

久しぶりに柴又に帰ってきた寅次郎を励まそうと、とらや一家総出でお嫁さん探しをすることになります。
次の日、博・さくら・おいちゃん・タコ社長が手分けして柴又界隈を探すも、予想通りみんな断られる結果に。
そこへ1本の電話が鳴り、おいちゃんが応対すると・・・・「学歴?」→「葛飾商業の方を少し早めに卒業しまして」・・・・
「名前は?」→「車寅次郎です」→「バカにするな!」・・・・結局先方に断られ、寅次郎は社長らと大喧嘩になります。

 心に残る名場面 

御前様の甥・岡倉(米倉斉加年)に恋のキュ-ピッド役を頼まれた寅次郎は、千代と亀戸公園へ出掛けます。
寅からのプロポ-ズだと勘違いした千代は、大喜びするもつかの間、相手が岡倉だと知りがっかりします。
驚いたのは寅次郎の方でした。「冗談言うなよ~」と寅。「冗談じゃないわ」と千代は真剣に寅に告白します。
とらやに帰った寅次郎は、岡倉に結果を報告。寅は商売に、岡倉はアメリカの大学に旅立っていきました。

 エンディング 

正月を迎えたとらやの茶の間。千代が年始の挨拶に訪れ、寅次郎や岡倉先生のことで話が盛り上がります。
さくらが手にしたのは兄からの年賀状。「柴又におります日々は・・・・」 寅次郎のナレ-ションが流れます。
一方、寅次郎は舎弟・登と旅先の茶店でくつろいでいます。おかみさんにお金を払ったものの不足する始末。
おかみさんにつかまった登は、羽織っていた上着を渡し「これで勘弁」。二人は古い木造橋を渡っていきました。

 総 括 

寅次郎がマドンナに愛の告白をされてしまう。それまでのパタ-ンを覆し、「寅次郎の恋」は転機を迎えます。
旧家の奥様役で出演した田中絹代の語りや、甲斐駒ケ岳をバックに寅とお墓参りをするシ-ンが印象的です。
寅次郎が千代のことを「デカらっきょう」、さくらのことを「チビらっきょう」とからかっているのが笑えます。
また、今作では「ダイハツ」が協賛しており、軽ワゴン車「ハイゼット」が何度か登場しています。

 PLAYBACK 1972 

■1972年(昭和47年)のできごと・・・・札幌冬季五輪開幕(2月3日)/浅間山荘事件(2月19~28日)
   山陽新幹線 新大阪~岡山間開業(3月15日)/田中首相訪中→日中共同声明に調印(9月29日)
■1972年(昭和47年)のヒット曲・・・・喝采(ちあきなおみ)/あの鐘を鳴らすのはあなた(和田アキ子)
   瀬戸の花嫁(小柳ルミ子)/どうにもとまらない(山本リンダ)/女のみち(宮史郎とぴんからトリオ)

★ロケ地を訪ねて(本編の登場順)
①山梨・明野・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-158.html
②東京・亀戸天神・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-529.html

☆画像:男はつらいよ 寅次郎夢枕 <パイオニアLDC・定価4700円> 本編98分[主音声モノラル]
◇ジャケット紹介・・・・帝釈天・二天門で雨宿りをする渥美清と八千草薫、右下は倍賞千恵子

  1. 2008/08/24(日) 20:18:00|
  2. 男はつらいよシリ-ズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

動態保存されるボンネットバス


「ボンネットバス」は、客室外のフロント部にエンジンを設けたバスで、かつては全国で見ることができました。
1971年には、量産タイプのボンネットバスは製造が中止され、いったんは国内から消えることとなりました。
その後、観光路線においてボンネットバスが目玉車輌として運行されるようになりました。(伊豆の踊り子号など)
岐阜県高山市の濃飛バスでは、1982年よりボンネットバスを運行しています。(いすゞBXD30型・1967年式)
この車輌は、元車(江若交通)の前頭部を、いすゞ製消防車(1958年式)のボンネット部分と交換した変り種です。
画像は、昨年9月 朴の木平(ほおのきだいら)スキ-場で開催された「コスモス祭り」にて運転されたものです。

関連記事:岐阜バスの貸切車輌<ボンネットバス編>・・・・http://blogs.yahoo.co.jp/travelking0105/37295359.html

  1. 2008/08/22(金) 23:32:00|
  2. バス◆雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
次のページ

プロフィール

travelking0105

Author:travelking0105
旅行記を中心としたブログです。
旅好きな40代・二児の父です。
乗り物全般・映画・グルメの記事も
投稿しております。ご覧ください。

ランキングに参加しています

応援よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

旅行記<東日本編> (4)
旅行記<西日本編> (3)
旅行記<1992/93年> (11)
旅行記<1994年> (18)
旅行記<1995年> (30)
旅行記<1996年> (35)
旅行記<1997年> (9)
旅行記<1998年> (19)
旅行記<1999年> (9)
旅行記<2000年> (10)
旅行記<2001年> (5)
旅行記<2002年> (13)
旅行記<2003年> (55)
旅行記<2004年> (23)
旅行記<2005年> (37)
旅行記<2006年> (27)
旅行記<2007年> (45)
旅行記<2008年> (55)
旅行記<2009年> (65)
旅行記<2010年> (50)
旅行記<2011年> (50)
旅行記<2012年> (14)
旅行記<2013年> (14)
旅行記<2014年> (9)
旅行記<2015年> (15)
旅行記<2016年> (20)
旅行記<2017年> (20)
旅行記<2018年> (20)
旅行記<2019年> (20)
旅行記<2020年> (15)
旅行記<2021年> (15)
旅行記<2022年> (9)
クロスバイクの旅 (32)
各種イベント参加 (7)
岐阜バスの貸切車輌 (26)
国産乗用車カタログ (5)
スカイラインの歴史 (13)
スケ-ルモデル (8)
自動車全般 (18)
バス◆雑記 (16)
鉄道◆雑記 (11)
音楽◆雑記 (7)
テレビ番組 (6)
日本映画レビュ- (2)
男はつらいよシリ-ズ (50)
トラック野郎シリ-ズ (10)
アルバムコレクション (14)
ラ-メンチェ-ン研究 (30)
グルメレポ-ト (40)
モモちゃん観察記 (56)
たてもの探訪 (23)
ノンジャンル (37)
未分類 (0)

月別アーカイブ

このブログの訪問者

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR