トラベルキングの旅行記Ⅱ

★2019年7月のブログ移行にともない、各記事の修正を進めております。このたび、カテゴリ 「旅行記<2008年>」 の修正が完了しました。ぜひ、ご覧ください。

ラ-メンチェ-ン研究[21] <くるまやラ-メン>


今回は、「くるまやラ-メン」です。1968年創業の郊外型ラ-メンチェ-ンです。
90年代前半に急速な出店拡大を図りましたが、1997年に倒産し現在は別資本のもとで運営されています。
東海地方から北海道まで 200店舗(直営48店舗・フランチャイズ152店舗)をチェ-ン展開しています。
店内は30名ほど入店でき、テ-ブル席・カウンタ-席が用意されています。 (新潟県・上越木田店)
メニュ-は、醤油ラ-メン600円・ねぎ味噌ラ-メン760円・塩バタ-ラ-メン720円などです。
サイドメニュ-として、チャ-ハン・餃子・野菜炒め・おつまみチャ-シュ-などがあります。

■画像は、岩塩ラ-メンスペシャル・810円です。チャ-シュ-・コ-ン・温泉卵など具だくさんのラ-メンです。

  1. 2009/09/30(水) 23:50:00|
  2. ラ-メンチェ-ン研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

牧歌の里




岐阜県郡上市高鷲町に、花と緑と牧場のテ-マパ-ク「牧歌(ぼっか)の里」があります。
標高1000メ-トルの「ひるがの高原」に位置し、園内は東京ド-ム4個分の面積を誇ります。
季節の花々を楽しめるほか、食事(バイキング・バ-ベキュ-)・体験工房・乗馬などができます。
また、温浴施設「温泉・牧華」が隣接しており、散策の疲れを癒すことができます。(入浴料800円)
入園料は1100円ですが、同じ年の営業期間内に再来園すると半額(550円)となる特典があります。
東海北陸道・ひるがの高原サ-ビスエリア内の「スマ-トインタ-」(ETC専用)を利用すると便利です。

画像1枚目:「花の教会」とラベンダ-畑・・・・「牧歌の里」を代表する景観で、「リゾ-トウェディング」も可能です。
画像2枚目:園内を走る「ロ-ドトレイン」・・・・園内を約10分かけて一周します。 (途中乗降不可・料金300円)
画像3枚目:「味広場」で楽しむバ-ベキュ-・・・・上質な飛騨牛を、カフェテリア方式で手軽にいただけます。

■ひるがの高原 牧歌の里・公式ホ-ムペ-ジ・・・・https://www.bokka.co.jp/

  1. 2009/09/28(月) 23:30:10|
  2. ノンジャンル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

揖斐川の簗鮎




先日、岐阜県揖斐川町にある 観光やな施設「川口やな」で、昼食に「鮎料理」を賞味してきました。
簗(やな)とは、人工的に河川の水流を堰き止め、誘導されてきた魚類の流路を塞ぎ捕獲する漁法をいいます。
「観光やな」は、この簗漁を売り物にした食事処で、涼風を受けながら 捕れたて新鮮な「鮎料理」を楽しめます。
メニュ-は、Aコ-ス(刺身なし:2500円)から Dコ-ス(塩焼き・魚でん各2尾付:4500円)まであります。
今回は、酢の物・刺身・塩焼き・魚(うお)でん・フライ・鮎雑炊が付いた Bコ-ス(3500円)を注文しました。
どれも新鮮そのもので、塩焼き・魚でん・フライは骨と身が簡単にほぐれ、とても美味しくいただきました。

画像1枚目:川口やな・・・・揖斐川に架かる川口橋のたもとに造られています。(7月下旬~10月上旬営業)
画像2枚目:刺身(左)と酢の物・・・・歯ごたえ抜群の刺身、適度な酸っぱさの酢の物、どちらも絶品でした。
画像3枚目:魚でん(上)と塩焼き・・・・最後に残るのは背骨のみ。頭・内臓・尾まできれいに平らげました。

関連記事:徳山ダム(揖斐川上流に建設)訪問・・・・http://blogs.yahoo.co.jp/travelking0105/32891045.html

  1. 2009/09/24(木) 22:00:22|
  2. グルメレポ-ト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

虎渓山永保寺と土岐プレミアム・アウトレット <2009/9/22[日帰り]>







今回は、マイカ-利用で 岐阜県多治見市の「虎渓山永保寺」と「土岐プレミアム・アウトレット」へ行ってきました。
岐阜を11:00に出発、名神高速・中央道を経て12:30 「虎渓山永保寺(こけいざん・えいほうじ)」に到着しました。
永保寺は「臨済宗南禅寺派」の寺院で、2003年に発生した火災により本堂・大玄関・庫裏を焼失し、現在再建中です。
続いて、土岐市にある「土岐プレミアム・アウトレット」に立寄り、アウトレット製品のショッピングを楽しみました。
シルバ-ウィ-ク中ということもあり、他府県ナンバ-の車も多く見られ、エリア内は大変混雑していました。
瑞浪市内にて夕食後、中央道・名神高速を経て、20:30 岐阜に到着しました。 ☆本日の走行距離:180Km

画像1枚目:永保寺庭園(国指定名勝)・・・・左は臥龍池に架かる無際(むさい)橋、右は国宝指定の観音堂です。
画像2枚目:早くも色づきはじめた木々・・・・永保寺庭園は紅葉の名所として知られ、多くの観光客が訪れます。
画像3枚目:知足の蹲踞(つくばい)・・・・時計回りに、「吾唯足知」(われただ足るを知る)と読むことができます。
画像4枚目:土岐プレミアム・アウトレット・・・・東海環状道・土岐南多治見インタ-すぐの場所にあります。
画像5枚目:道の駅・土岐美濃焼街道内「どんぶり会館」・・・・どんぶりをイメ-ジしたユニ-クな建物です。
画像6枚目:あきん亭 瑞浪本店・チャ-シュ-麺(950円)・・・・行列が絶えない人気ラ-メン店です。

関連記事:クロスバイクの旅・多治見・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-395.html

■あきん亭 ホ-ムペ-ジ・・・・http://akintei.com/wp/

  1. 2009/09/22(火) 23:30:00|
  2. 旅行記<2009年>
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

男はつらいよシリ-ズ <第24作・寅次郎春の夢>

 男はつらいよ 寅次郎春の夢 (1979年12月公開) 


とらやにおかしな外人が下宿することになった。旅から帰った寅次郎とは犬猿の仲になるが、通訳をかって出た英語塾のめぐみ先生の母・圭子が
出現し事態は一変。美人で、しかも未亡人とくれば、寅次郎の例の病気が始まらない訳がない。人気アイドル・林寛子も出演するシリ-ズ第24作。
◆マドンナ/香川京子(高井圭子役) ◆主要ロケ地/和歌山県粉河寺・アメリカ アリゾナ州

 オ-プニング 

1930年代のサンフランシスコ・チャイナタウン。銃声とともに現れたのは、瀕死のマドロス・車寅次郎。
「日本にいる妹へ形見と言って渡してほしい」とお守りを差し出す寅。その酒場女こそが、妹・さくらでした。
夢から覚めたのは、和歌山の小さな連絡船。「着いたか日本へ?」 寝ぼける寅次郎に、周囲は大爆笑します。
主題歌のミニコントは、男子学生が短パンを履き忘れてパンツ姿になってしまい、女子学生たちに笑われます。

 爆笑シ-ン 

2階の寅の部屋では、おばちゃんが もらった大量の「ぶどう」を床一面に広げ選り分けています。
そこへ、いつものように運悪く帰ってきた寅次郎。2~3房の「ぶどう」を、さくらに土産と言って渡します。
ぶどうでいっぱいの部屋を見て不機嫌になる寅。さらに、博がぶどうがびっしり入った箱を抱え入って来ます。
寅の土産を見るなり、「なんだこれ、すっぱくてまずいやつだ!」と博。寅次郎の不機嫌は、ピ-クに達します。

 心に残る名場面 

とらやの一員となった米国人セ-ルスマン・マイケル(ハ-ブ エデルマン)は、さくらに恋心を抱いています。
ある日、関西のセ-ルスから戻ったマイケルは、母から届いた手紙を読み、さくらに「I love you」と告げます。
マイケルの気持ちを知りつつも、「Impossible」(ダメ)と答えるさくら。マイケルは、奈落の底に突き落とされます。
その晩、好意を持っていた圭子(香川京子)から身を引いた寅次郎とともに、とらやを出て行きました。

 エンディング 

正月を迎えたとらや。めぐみ(林寛子)が、印刷工場の工員たちとスキ-へ出掛けようとしています。
マイケルが送ってきたエアメ-ルを読むさくら。「・・・・アリゾナより愛をこめて。マイケル・ジョ-ダン」
いっぽう、西伊豆の港町で啖呵売をする寅次郎。売仲間のポンシュウ(小島三児)は、新しい妻と一緒です。
「焼けのやんぱち日焼けのなすび色が黒くて食いつきたいが・・・・」 軽妙な寅の口上でエンディングとなります。

 総 括 

今作では、米国人俳優が登場し、寅次郎と同じセ-ルスマン、さながら「アメリカ版寅さん」を熱演しました。
とらやの人々は、「マイケル」の発音が聞き取れず、「マイコ」や「マイコさん」と呼んでいるのには笑えました。
圭子の家の増築工事をする棟梁役に犬塚弘、圭子が再婚を考えている船長役に梅野泰靖が出演しています。
また、マイケルの訪問先・京都西陣では、お馴染みの「坂東鶴八郎一座」が登場し、「蝶々夫人」を上演しました。

 PLAYBACK 1979 

■1979年(昭和54年)のできごと・・・・梅川事件発生(1月26日)/東京サミット(6月28日)
   東名 日本坂トンネル事故(7月11日)/マザ-・テレサにノ-ベル平和賞(12月10日)
■1979年(昭和54年)のヒット曲・・・・魅せられて(ジュディ・オング)/贈る言葉(海援隊)/異邦人(久保田早紀)
   YOUNG MAN(西城秀樹)/おもいで酒(小林幸子)/SACHIKO(ばんばひろふみ)/愛の水中花(松坂慶子)

★ロケ地を訪ねて/和歌山・粉河寺・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-730.html

☆画像:男はつらいよ 寅次郎春の夢 <パイオニアLDC・定価4700円> 本編104分[主音声モノラル]
◇ジャケット(裏面)紹介・・・・左から渥美清・ハ-ブ エデルマン・香川京子・林寛子(左上)

  1. 2009/09/20(日) 23:00:00|
  2. 男はつらいよシリ-ズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

travelking0105

Author:travelking0105
旅行記を中心としたブログです。
旅好きな40代・二児の父です。
乗り物全般・映画・グルメの記事も
投稿しております。ご覧ください。

ランキングに参加しています

応援よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

旅行記<東日本編> (4)
旅行記<西日本編> (3)
旅行記<1992/93年> (11)
旅行記<1994年> (18)
旅行記<1995年> (30)
旅行記<1996年> (35)
旅行記<1997年> (9)
旅行記<1998年> (19)
旅行記<1999年> (9)
旅行記<2000年> (10)
旅行記<2001年> (5)
旅行記<2002年> (13)
旅行記<2003年> (55)
旅行記<2004年> (23)
旅行記<2005年> (37)
旅行記<2006年> (27)
旅行記<2007年> (45)
旅行記<2008年> (55)
旅行記<2009年> (65)
旅行記<2010年> (50)
旅行記<2011年> (50)
旅行記<2012年> (14)
旅行記<2013年> (14)
旅行記<2014年> (9)
旅行記<2015年> (15)
旅行記<2016年> (20)
旅行記<2017年> (20)
旅行記<2018年> (20)
旅行記<2019年> (20)
旅行記<2020年> (15)
旅行記<2021年> (15)
旅行記<2022年> (9)
クロスバイクの旅 (32)
各種イベント参加 (7)
岐阜バスの貸切車輌 (26)
国産乗用車カタログ (5)
スカイラインの歴史 (13)
スケ-ルモデル (8)
自動車全般 (18)
バス◆雑記 (16)
鉄道◆雑記 (11)
音楽◆雑記 (7)
テレビ番組 (6)
日本映画レビュ- (2)
男はつらいよシリ-ズ (50)
トラック野郎シリ-ズ (10)
アルバムコレクション (14)
ラ-メンチェ-ン研究 (30)
グルメレポ-ト (40)
モモちゃん観察記 (56)
たてもの探訪 (23)
ノンジャンル (37)
未分類 (0)

月別アーカイブ

このブログの訪問者

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR