トラベルキングの旅行記Ⅱ

★2019年7月のブログ移行にともない、各記事の修正を進めております。このたび、カテゴリ 「旅行記<2008年>」 の修正が完了しました。ぜひ、ご覧ください。

直島散策と瀬戸内海クル-ズ <2011/9/10[日帰り]>②







町営バスにて本村(ほんむら)エリアへ向かい、古民家を改装した「家プロジェクト」の建築を見て周りました。
同プロジェクトは、現代の芸術家が 家の空間そのものを作品化し、建築家・安藤忠雄らが参加しています。
2010年に開催された「瀬戸内国際芸術祭」では、周辺の豊島・犬島などとともに会場の一つとなりました。
町営バスにて宮浦港に戻り、宮ノ浦エリアを散策後、「海の駅・なおしま」にてショッピングを楽しみました。

画像1枚目:直島町営バス・・・・三菱マテリアル~宮浦港~本村港~つつじ荘にて運行します。(1乗車100円)
画像2枚目:直島町役場・・・・「ベネッセ」を誘致し、「直島文化村構想」のもと観光リゾ-ト開発を進めています。
画像3枚目:はいしゃ・・・・かつて、歯科医院兼住居であった建物を、現代美術家・大竹伸朗が作品化しました。
画像4枚目:島の猫と遭遇・・・・直島は、猫の多い島としても知られています。道にしゃがむと近寄ってきました。
画像5枚目:直島銭湯「I・ラブ・湯」・・・・大竹伸朗が手がける、実際に入浴できる美術施設です。(入湯料500円)
画像6枚目:宮浦港に鎮座する「赤かぼちゃ」・・・・芸術家・草間彌生によるア-ト作品で、直径は約7mあります。

■直島町観光協会・公式ホ-ムペ-ジ・・・・http://www.naoshima.net/view/index.html

  1. 2011/09/27(火) 00:00:00|
  2. 旅行記<2011年>
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

直島散策と瀬戸内海クル-ズ <2011/9/10[日帰り]>①







今回は、「青春18きっぷ」を利用し、瀬戸内海に浮かぶ 香川県・直島(なおしま)へ行ってきました。
直島は、「ベネッセハウス」や「家プロジェクト」が注目を浴び、「現代ア-トの聖地」と呼ばれています。
道中、四国汽船の2航路に乗船し、高松市を経て「快速・マリンライナ-」で「瀬戸大橋」を渡りました。

大垣5:58発の東海道本線・姫路行き「普通」に乗車し、米原には6:31に到着しました。
6:34発の東海道→山陽本線・播州赤穂行き「新快速」に乗り換え、相生には9:29に到着しました。
9:33発の山陽本線「普通」に乗り換え、終点・岡山には10:39に到着しました。
10:53発の瀬戸大橋線・高松行き「快速・マリンライナ-23号」に乗り換え、茶屋町には11:09に到着しました。
11:13発の宇野線「普通」に乗り換え、終点・宇野(岡山県玉野市)には11:35に到着しました。
昼食後、宇野港12:15発の「四国汽船」に乗船し、直島・宮浦港には12:35に入港しました。

画像1枚目:東海道本線223系/大垣にて・・・・米原以西への直通列車は、JR西日本の車両で運転されます。
画像2枚目:山陽本線115系/相生にて・・・・223系に準じたカラ-のほか、黄一色の車両も登場しています。
画像3枚目:宇野駅・・・・かつては、四国への移動手段であった「宇高連絡船」との接続駅として賑わいました。
画像4枚目:どらや・冷やしら-めん チャ-マヨ丼セット(900円)・・・・長旅の空腹を十分満たしてくれました。
画像5枚目:四国汽船「フェリ-なおしま」・・・・宇野港と宮浦港の間を、1日13往復しています。(所要20分)
画像6枚目:直島・・・・三菱マテリアル(旧 三菱鉱業)の「直島製錬所」があり、現在も操業を続けています。

関連記事:山陽本線乗車2005・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-62.html

  1. 2011/09/23(金) 22:00:00|
  2. 旅行記<2011年>
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

ステ-キ厨房 紅花




今話題の「グル-ポン」を利用し、愛知県一宮市にある「ステ-キ厨房 紅花」へ ディナ-に行って来ました。
共同購入型ク-ポンサイト「グル-ポン(Groupon)」は、購入者数によって通常価格の割引率が決まります。
今回は、和牛ステ-キセット+ドリンク2杯(6000円相当)が、51%OFFの2900円で提供されます。
サ-ロインステ-キは、やわらかくてとても美味しく、ぜひまた食べに行きたいな~と思うお店でした。

画像1枚目:ステ-キ厨房 紅花(旧店名・キッチン紅花)・・・・旧尾西市にあり、日本庭園が楽しめる洋食店です。
画像2枚目:メニュ-表・・・・通常価格は、ス-プ・サラダ・コ-ヒ-又はアイスクリ-ムがついて5500円です。
画像3枚目:和牛ステ-キ(サ-ロイン)・・・・これだけのボリュ-ム(200g)のものは、久しぶりに食べました。

■ぐるなび・ステ-キ厨房 紅花・・・・http://r.gnavi.co.jp/n893800/menu4.html

  1. 2011/09/19(月) 21:00:05|
  2. グルメレポ-ト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

JR東海 リニア・鉄道館 <2011/9/4[日帰り]>







今回は、2011年3月に開業したミュ-ジアム「リニア・鉄道館」(名古屋市港区金城ふ頭)へ行ってきました。
JR東海が管理運営を行い、超伝導リニアモ-タ-カ-や、歴代の鉄道車両など 計39両を展示しています。
また、新幹線・在来線の「シミュレ-タ-」や、国内最大面積を誇る「HOゲ-ジジオラマ」が設置されています。
各種展示車両や貴重な資料展示を見て回り、「ミュ-ジアムショップ」にてオリジナルグッズを買い求めました。

画像1枚目:リニア・鉄道館・・・・あおなみ線(名古屋駅乗り換え)終点・金城ふ頭駅より徒歩2分のアクセスです。
画像2枚目:ロゴマ-ク・・・・「夢と想い出のミュ-ジアム」と題し、スピ-ド感と鉄道の躍動感を表現しています。
画像3枚目:シンボル展示・・・・左から、C62形蒸気機関車・955形(300X)・MLX01形(超伝導リニア)です。
画像4枚目:車両展示・・・・前身となる「佐久間レ-ルパ-ク」(中部天竜駅)から移動してきた車両が含まれます。
画像5枚目:100系食堂車(2階部分)・・・・JR東海の鉄道博物館らしく、新幹線車両の展示が充実しています。
画像6枚目:電化前の中央西線で活躍したキハ181系「しなの」・・・・前照灯をつけ、今にも走り出しそうです。

関連記事:鉄道博物館(大宮)2008・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-427.html

■リニア・鉄道館 公式ホ-ムペ-ジ・・・・http://museum.jr-central.co.jp/

  1. 2011/09/15(木) 07:00:00|
  2. 旅行記<2011年>
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

新穂高ロ-プウェイと飛騨大鍾乳洞 <2011/8/14[日帰り]>②終







第2ロ-プウェイでしらかば平駅まで下り、新穂高ビジタ-センタ-内の露天風呂「神宝乃湯」に入りました。
第1ロ-プウェイで新穂高温泉駅まで下り、再び車を走らせ、元来たル-トを高山方面へ走っていきます。
「飛騨大鍾乳洞」に立ち寄り、併設される「大橋コレクション館」を見学後、800mにおよぶ洞内を歩きました。
「ドライブステ-ション板蔵(いたくら)」にて昼食をとり、板蔵ラ-メンの製造工場を見学しました。
高山インタ-より高山清見道路に入り、飛騨清見インタ-を経て、東海北陸道に入りました。
関サ-ビスエリアにて休憩をとり、岐阜各務原インタ-を経て、15:30 岐阜に到着しました。
☆本日の走行距離:411Km

画像1枚目:新穂高ビジタ-センタ-・・・・新穂高の自然、登山史などを、映像と展示で紹介しています。
画像2枚目:鍋平高原・・・・全長2.3Kmの自然散策道が整備されており、森林浴を楽しむことができます。
画像3枚目:飛騨大鍾乳洞・・・・標高900mに位置し、国内の観光鍾乳洞の中では最高地点にあります。
画像4枚目:洞穴シ-ルド(第1出口付近)・・・・洞内は距離が長いため、途中2ヶ所の出口が設けられます。
画像5枚目:大橋コレクション館・・・・2007年3月に発生した「金塊強奪事件」で、一躍全国区となりました。
画像6枚目:板蔵ラ-メン見学工場・・・・商品バリエ-ションが豊富で、無料試食サ-ビスも行っています。

関連記事:板蔵ラ-メン2008・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-436.html

  1. 2011/09/11(日) 23:00:00|
  2. 旅行記<2011年>
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
次のページ

プロフィール

travelking0105

Author:travelking0105
旅行記を中心としたブログです。
旅好きな40代・二児の父です。
乗り物全般・映画・グルメの記事も
投稿しております。ご覧ください。

ランキングに参加しています

応援よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

旅行記<東日本編> (4)
旅行記<西日本編> (3)
旅行記<1992/93年> (11)
旅行記<1994年> (18)
旅行記<1995年> (30)
旅行記<1996年> (35)
旅行記<1997年> (9)
旅行記<1998年> (19)
旅行記<1999年> (9)
旅行記<2000年> (10)
旅行記<2001年> (5)
旅行記<2002年> (13)
旅行記<2003年> (55)
旅行記<2004年> (23)
旅行記<2005年> (37)
旅行記<2006年> (27)
旅行記<2007年> (45)
旅行記<2008年> (55)
旅行記<2009年> (65)
旅行記<2010年> (50)
旅行記<2011年> (50)
旅行記<2012年> (14)
旅行記<2013年> (14)
旅行記<2014年> (9)
旅行記<2015年> (15)
旅行記<2016年> (20)
旅行記<2017年> (20)
旅行記<2018年> (20)
旅行記<2019年> (20)
旅行記<2020年> (15)
旅行記<2021年> (15)
旅行記<2022年> (9)
クロスバイクの旅 (32)
各種イベント参加 (7)
岐阜バスの貸切車輌 (26)
国産乗用車カタログ (5)
スカイラインの歴史 (13)
スケ-ルモデル (8)
自動車全般 (18)
バス◆雑記 (16)
鉄道◆雑記 (11)
音楽◆雑記 (7)
テレビ番組 (6)
日本映画レビュ- (2)
男はつらいよシリ-ズ (50)
トラック野郎シリ-ズ (10)
アルバムコレクション (14)
ラ-メンチェ-ン研究 (30)
グルメレポ-ト (40)
モモちゃん観察記 (56)
たてもの探訪 (23)
ノンジャンル (37)
未分類 (0)

月別アーカイブ

このブログの訪問者

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR