トラベルキングの旅行記Ⅱ

★2019年7月のブログ移行にともない、各記事の修正を進めております。このたび、カテゴリ 「旅行記<2008年>」 の修正が完了しました。ぜひ、ご覧ください。

首都圏 JR&私鉄乗り継ぎ旅Ⅰ <1995/9/22~24[夜行1泊2日]>②


D-107.jpg

D-108.jpg

D-109.jpg

D-110.jpg

D-111.jpg

D-112.jpg

海老名8:22発の相鉄本線「急行」に乗車し、終点・横浜には8:52に到着しました。
9:07発の東急東横線「普通」に乗車し、終点・桜木町には9:11に到着しました。
横浜市営バス「ブル-ライン」に乗り換え、「横浜ベイブリッジ」を走行後、大黒埠頭に立ち寄りました。
再び「ブル-ライン」に乗車、「山下公園」で下車し、周辺を散策後、「横浜中華街」にて昼食をとりました。

画像1枚目:相模鉄道8000系/海老名にて・・・・貫通扉の位置が特徴的な通勤形電車です。(1990年登場)
画像2枚目:東急電鉄8000系/桜木町にて・・・・主力車として活躍したステンレス車です。(1969年登場)
画像3枚目:みなとみらい21・・・・左手前は「日本丸」、中央は「横浜グランドインタ-コンチネンタルホテル」です。
画像4枚目:ブル-ライン・2階建てバス・・・・ベルギ-製の「ヨンケ-レ・モナコ」(日産ディ-ゼルシャ-シ)です。
画像5枚目:山下公園・氷川丸(国の重要文化財に指定)・・・・日本郵船が1930年に竣工させた貨客船です。
画像6枚目:横浜中華街・善隣門・・・・日本最大かつ東アジア最大の中華街で、多くの観光客で賑わいます。

関連記事①:横浜ベイブリッジ2008・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-293.html
関連記事②:日本丸・横浜中華街2010・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-734.html

■[公式]横浜市観光情報・・・・http://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/

  1. 2019/09/28(土) 00:00:00|
  2. 旅行記<1995年>
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

首都圏 JR&私鉄乗り継ぎ旅Ⅰ <1995/9/22~24[夜行1泊2日]>①


D-101.jpg

D-102.jpg

D-103.jpg

D-104.jpg

D-105.jpg

D-106.jpg

今回は、JR東海の企画乗車券「ドリ-ム&新幹線」を利用し、横浜・東京・日光へ行ってきました。
同乗車券は、往路は夜行高速バス「ドリ-ム号」、帰路は新幹線「ひかり号」が利用できます。(14600円)
関東大手私鉄8社に乗車 または 撮影することを目的とし、首都圏のJR&私鉄を2日間かけ乗り継ぎました。

<9月22日:1日目>
名古屋駅桜通口21:10発のJR東海バス・夜行高速バス「ドリ-ムとよた2号」に乗車しました。
瀬戸市駅・新豊田駅・岡崎駅などで乗車扱いをした後、岡崎インタ-より東名高速に入りました。

<9月23日:2日目>
三ヶ日休憩所・足柄サ-ビスエリアにて休憩をとり、終点・東京駅八重洲南口には5:40に到着しました。
東京6:19発の中央線・高尾行き「特別快速」に乗車、新宿には6:39に到着し、駅構内にて朝食をとりました。
7:15発の小田急小田原線・沼津行き「特急・あさぎり1号」に乗車し、本厚木には8:06に到着しました。
8:09発の小田急小田原線・新宿行き「急行」に乗り換え、海老名には8:13に到着しました。

画像1枚目:JR東海バス・ドリ-ム号/東京にて・・・・多客時には、増便も含め10台程度(片道)運行されます。
画像2枚目:東京駅八重洲口・・・・大丸東京店が入居した「鉄道会館ビル」は、2007年に閉鎖し解体されました。
画像3枚目:中央線201系/東京にて・・・・「省エネ電車」として知られ、中央線では2010年まで活躍しました。
画像4枚目:小田急電鉄7000形※/新宿にて・・・・前面展望席を設けた「LSE車」です。(1980年登場)
画像5枚目:小田急電鉄10000形※/新宿にて・・・・前面展望席を設けた「HiSE車」です。(1987年登場)
画像6枚目:小田急電鉄20000形※/新宿にて・・・・御殿場線に乗り入れる「RSE車」です。(1991年登場)
※注釈・・・・3形式とも引退しており、10000形は長野電鉄へ、20000形は富士急行へ譲渡されました。

関連記事①:小田急電鉄30000形乗車1999・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-345.html
関連記事②:小田急電鉄50000形乗車2005・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-29.html
関連記事③:小田急電鉄60000形乗車2008・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-420.html

■小田急電鉄・公式ホ-ムペ-ジ・・・・https://www.odakyu.jp/

  1. 2019/09/21(土) 00:00:00|
  2. 旅行記<1995年>
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

竹内まりや 40周年記念アルバム

タ-ンテ-ブル2

私の好きな音楽ア-ティストのひとりに「竹内まりや」がいます。ファン歴は長く、もう30年ほどになります。
竹内まりやは、1955年生まれで現在64歳です。1978年に「アイドルシンガ-」としてデビュ-しました。
1981年に音楽活動を休止し、山下達郎と結婚後は、「シンガ-ソングライタ-」として活躍してきました。
9月4日 デビュ-40周年を記念して、3枚組ベストアルバム「タ-ンテ-ブル」がリリ-スされました。

Disk1は、30周年ベストアルバム「エクスプレッションズ」に収録されなかった曲を中心に収録した「モアベスト」です。(全17曲収録)
Disk2は、牧瀬里穂・広末涼子など、アイドル歌手への提供曲のセルフカバ-を中心に収録した「レアリティ-ズ」です。(全20曲収録)
Disk3は、彼女が音楽に親しむきっかけとなった「ビ-トルズ」のカバ-を含む、洋楽カバ-を収録した「カバ-ズ」です。(全25曲収録)
特筆すべきは、1986年に他界した岡田有希子のデビュ-曲を含む3曲が、33年の歳月を経て、セルフカバ-によって蘇りました。
また、洋楽カバ-では複数のバンドとのセッションによりレコ-ディングされ、山下達郎のアレンジとは一味違う一面を感じられます。
初CD化曲を多く収録し、ベストアルバムの枠を超えた今作。年齢を感じさせない、竹内まりやの変わらない歌声が存分に楽しめます。

近年、実家である老舗「竹野屋旅館」(出雲大社参道)の再建に乗り出し、実質的なオ-ナ-となり、実業家としても活動する竹内まりや。
先頃放送されたNHKの特番で、「75歳くらいまでは歌い続けていきたい」と話していました。今後ますますの活躍に期待しています。

関連記事①:デビュ-30周年を迎える竹内まりや・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-409.html
関連記事②:出雲大社・竹野屋旅館訪問1995・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-972.html

■竹内まりや/Official Web Site・・・・https://www.mariyat.co.jp/

  1. 2019/09/14(土) 00:00:00|
  2. 音楽◆雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

魚津水族館と富山地鉄乗車の旅 <2019/8/14.15[1泊2日]>③終


H-113.jpg

H-114.jpg

H-115.jpg

H-116.jpg

H-117.jpg

H-118.jpg

<8月15日:2日目>
5:00に起床し、100Kmを超える路線を持つ「富山地方鉄道」(略称:富山地鉄)の"乗り鉄"に出掛けました。
電鉄富山5:34発の富山地方鉄道・立山線「普通」に乗車し、終点・岩峅(いわくら)寺には6:11に到着しました。
6:27発の富山地方鉄道・不二越(ふじこし)上滝線「普通」に乗り換え、終点・電鉄富山には7:03に到着しました。
ホテルを8:30にチェックアウトし、富山市内にある親戚の家に立ち寄り、お墓参りの後、昼食をいただきました。
13:30に出発し、「源 ますのすしミュ-ジアム」に立ち寄り、工場見学と鱒寿司のショッピングを楽しみました。
国道41号線を南下し、県道90号線(卯の花街道)を経て、飛騨清見インタ-より東海北陸道に入りました。
ひるがの高原サ-ビスエリアにて休憩をとり、岐阜各務原インタ-を経て、18:30 岐阜に到着しました。
☆本日(15日)の走行距離:223Km<富山→岐阜>

旅を終えて・・・・台風10号の列島直撃で一時は中止も検討しましたが、天気の崩れもなく無事旅程を進められました。
2日目の親戚宅訪問では、帰省にあわせ富山の親戚が集合し、一同の元気な姿を確認でき、有意義な旅となりました。
★総走行距離:541Km

画像1枚目:富山地方鉄道16010形/電鉄富山にて・・・・元西武鉄道5000系「レッドアロ-」です。(2両編成)
画像2枚目:車内・・・・整然と並ぶリクライニングシ-ト、幅広の天井照明など、かつての特急車の面影が残ります。
画像3枚目:岩峅寺駅・・・・1921年築の駅舎は、最寄りの「雄山(おやま)神社・前立社壇」の拝殿を模しています。
画像4枚目:富山地方鉄道17480形/岩峅寺にて・・・・ロングシ-トの元東急電鉄8590系です。(2両編成)
画像5枚目:源 ますのすしミュ-ジアム・・・・富山名産・鱒寿司のトップメ-カ-「ますのすし本舗 源」の直営です。
画像6枚目:東海北陸道・ひるがの高原サ-ビスエリア・・・・日本の高速道路で最高所(860m)にあるS.Aです。

関連記事①:富山地方鉄道・本線乗車1999・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-342.html
関連記事②:富山地方鉄道・立山線乗車2002・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-255.html
関連記事③:富山地方鉄道・不二越線乗車2006・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-74.html

■源 ますのすしミュ-ジアム・公式ホ-ムペ-ジ・・・・http://www.minamoto.co.jp/museum

  1. 2019/09/07(土) 00:00:00|
  2. 旅行記<2019年>
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

travelking0105

Author:travelking0105
旅行記を中心としたブログです。
旅好きな40代・二児の父です。
乗り物全般・映画・グルメの記事も
投稿しております。ご覧ください。

ランキングに参加しています

応援よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

旅行記<東日本編> (4)
旅行記<西日本編> (3)
旅行記<1992/93年> (11)
旅行記<1994年> (18)
旅行記<1995年> (30)
旅行記<1996年> (35)
旅行記<1997年> (9)
旅行記<1998年> (19)
旅行記<1999年> (9)
旅行記<2000年> (10)
旅行記<2001年> (5)
旅行記<2002年> (13)
旅行記<2003年> (55)
旅行記<2004年> (23)
旅行記<2005年> (37)
旅行記<2006年> (27)
旅行記<2007年> (45)
旅行記<2008年> (55)
旅行記<2009年> (65)
旅行記<2010年> (50)
旅行記<2011年> (50)
旅行記<2012年> (14)
旅行記<2013年> (14)
旅行記<2014年> (9)
旅行記<2015年> (15)
旅行記<2016年> (20)
旅行記<2017年> (20)
旅行記<2018年> (20)
旅行記<2019年> (20)
旅行記<2020年> (15)
旅行記<2021年> (15)
旅行記<2022年> (9)
クロスバイクの旅 (32)
各種イベント参加 (7)
岐阜バスの貸切車輌 (26)
国産乗用車カタログ (5)
スカイラインの歴史 (13)
スケ-ルモデル (8)
自動車全般 (18)
バス◆雑記 (16)
鉄道◆雑記 (11)
音楽◆雑記 (7)
テレビ番組 (6)
日本映画レビュ- (2)
男はつらいよシリ-ズ (50)
トラック野郎シリ-ズ (10)
アルバムコレクション (14)
ラ-メンチェ-ン研究 (30)
グルメレポ-ト (40)
モモちゃん観察記 (56)
たてもの探訪 (23)
ノンジャンル (37)
未分類 (0)

月別アーカイブ

このブログの訪問者

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR