トラベルキングの旅行記Ⅱ

★ 2019年7月に ヤフ-ブログより引っ越してまいりました。旅行記を地域別にご覧になる際は、カテゴリの「東日本編」「西日本編」よりお入りいただくと便利です。

男はつらいよシリ-ズ <第43作・寅次郎の休日>

 男はつらいよ 寅次郎の休日 (1990年12月公開) 


満男憧れの泉が、別居中の父親と会うため上京してきた。だが、父親はすでに会社を辞め、恋人と九州へ転居した後だった。父親を追う泉が乗った新幹線
に満男が飛び乗ったことから、さくら達は大騒ぎ。早速、満男の恋愛の師・寅次郎が二人を追って九州へ向かう。年1回の公開となったシリ-ズ第43作。
◆マドンナ/夏木マリ(及川礼子役)・後藤久美子(及川泉役) ◆主要ロケ地/大分県日田・名古屋

 オ-プニング 

平安時代。公家の車小路寅麿は、世の儚さを歌に詠んでいます。そこへ美しい女人(倍賞千恵子)が迷い込みます。
女人は、幼き折に別れた兄を探していると話し出します。「そのほう、我のこの面差しに見覚えありやなしや?」
夢から覚めたのは、小鹿田(おんた)焼きの窯元の縁側。奥さんにお礼を言い、山国川に架かる馬渓橋を渡ります。
主題歌内では、寅次郎が渓流釣りをする男にウィスキ-を勧め、飲み続けるうち、ヘロヘロに酔ってしまいます。

 心に残る名場面 ① 

葛西海浜公園の砂浜に佇む二人。父親のことを諦めきれず悲しみに沈む泉に、かける言葉を見つけられない満男。
東京駅へ移動し、東海道新幹線ホームで泉を見送る満男。博多行きの切符を見せ、父親に会いに行くと告げる泉。
発車ベルが鳴り、デッキに乗り込む泉。「気をつけろよ」「いろいろありがとう。親切にしてもらって嬉しかった。」
次の瞬間、満男は思わずデッキに飛び乗ります。ドアが閉まり動き出す新幹線。二人は互いに見つめ合いました。

 心に残る名場面 ② 

くるまやを訪れた泉の母親と寅次郎は、満男と泉を追い、東京発の寝台特急に乗り込み、一路九州を目指します。
一方、日田に到着し、父親の居所を探す満男と泉。父親(寺尾聰)と再会し、交際相手(宮崎美子)を紹介されます。
その後、4人で日田祇園祭りを見に行きます。仲睦まじい二人の姿に耐え兼ね、泉は満男を連れて立ち去ります。
満男が泉を慰めていると、聞き覚えのある声が。泉の母親と寅次郎が現れ、母と泉、寅と満男が抱き合いました。

 エンディング 

正月を迎えた諏訪家。金町駅前の公衆電話から、満男が電話をかけてきます。泉が来ていることを知り驚く満男。
新年会の約束を断り、友人の自転車を奪い、一目散に走ります。「幸せって何なんだろう」満男の独白が続きます。
場面は変わり、大分の亀都起(きつき)神社でバイをする寅次郎とポンシュウ。CDをレコ-ドと言って売ります。
「500と言いたい所だが・・・・300円で持ってけ!泥棒やろう!!」 遠くに鳥居が映されエンディングを迎えます。

 総 括 

名古屋にある「クラブ礼」のママを演ずる夏木マリ。泉の母親役として最終作まで(第46・47作除く)出演します。
前々作より浪人生であった満男は、八王子の城東大学に入学し、長時間の通学に疲れ 下宿したいと言い出します。
毎作にチョイ役で出演する笹野高史。今作では、泉の父親の元勤務先(秋葉原の電気店)の上司・内藤を演じました。
前作より挿入歌に徳永英明の曲が起用され、今作では東京駅を出る新幹線車内のシ-ンで「JUSTICE」が流れます。

 PLAYBACK 1990 

■1990年(平成2年)のできごと・・・・国際花と緑の博覧会開幕(4月1日)/礼宮親王結婚・秋篠宮家創設(6月29日)
 イラクがクウェ-ト侵攻(8月2日)/西ドイツに東ドイツが編入され統一(10月3日)/天皇即位の礼(11月12日)
■1990年(平成2年)のヒット曲・・・・おどるポンポコリン(B.B.クィ-ンズ)/浪漫飛行(米米CLUB)/あ-夏休み(TUBE)
 WON'T BE LONG(バブルガム・ブラザ-ズ)/愛は勝つ(KAN)/会いたい(沢田知可子)/今すぐKiss Me(リンドバ-グ)

★ロケ地を訪ねて(本編の登場順)
①九州行寝台特急・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-466.html
②大分・日田・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-10.html

☆画像:男はつらいよ 寅次郎の休日 <パイオニアLDC・定価4700円> 本編106分[主音声モノラル]
◇ジャケット(裏面)紹介・・・・後藤久美子と渥美清(中)、吉岡秀隆・夏木マリ・後藤久美子(右上)、寺尾聰と宮崎美子(右下)

  1. 2021/02/27(土) 00:00:00|
  2. 男はつらいよシリ-ズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

喜多方ラ-メン坂内


21C-101-1.jpg

21C-102.jpg

福島県喜多方市発祥の「喜多方ラ-メン」は、札幌ラ-メン・博多ラ-メンとともに「日本三大ラ-メン」に数えられます。
市内には120軒ほどのラ-メン店があり、代表的な店として「源来軒」「まこと食堂」「坂内(ばんない)食堂」があります。
「坂内食堂」店主の協力により、喜多方ラ-メンのフランチャイズ事業を行っているのが「株式会社麺食」(本社東京)です。
同社は「喜多方ラ-メン坂内」「喜多方ラ-メン小法師」「喜多方食堂」の3屋号で、国内外に70店舗以上展開しています。
2006年に喜多方市の「坂内食堂」でいただいたラ-メンの味が忘れられず、最寄りの四日市店を数回利用しています。
マイカ-で片道1時間半以上かかるとしても、食べたくなる美味しさ。コロナが終息したら、また食べに行きたいです。

画像1枚目:喜多方ラ-メン坂内・四日市店・・・・蔵の街・喜多方をイメ-ジした店構えで、店舗数は3屋号の中で最多です。
画像2枚目:焼豚ラ-メン(970円)・・・・醤油味の透明な豚骨ス-プに手揉みの縮れ麺、丼いっぱいに厚切焼豚がのります。

関連記事:喜多方 坂内食堂2006・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-108.html

■喜多方ラ-メン坂内・公式ホ-ムペ-ジ・・・・https://ban-nai.com/

  1. 2021/02/20(土) 00:00:00|
  2. グルメレポ-ト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

作曲家 中村泰士さんを偲ぶ


21B-101.jpg

21B-102.jpg

「喝采」や「北酒場」などの作曲で知られる作曲家 中村泰士(たいじ)さんが、12月20日に他界されました。(享年81)
18歳で美川鯛二として歌手デビュ-。その後 作曲家に転向し、佐川満男「今は幸せかい」の作詞・作曲を手掛けました。
1972年には ちあきなおみ「喝采」、1982年には 細川たかし「北酒場」の作曲で、日本レコ-ド大賞を受賞しました。
今と違い、当時は音楽作家にとって日本レコ-ド大賞は最高のステ-タスとされ、2度の大賞受賞者は数名しかいません。
また、桜田淳子の作曲を多く手掛けたほか、ジャスコのイメ-ジソング「ジャスコで逢いましょう」の作曲でも知られます。

中村泰士さんを知るきっかけは、TBS系ドラマ「毎度おさわがせします2」(1985年12月~翌年3月放送)の出演です。
中山美穂・木村一八・小野寺昭・篠ひろ子ら豪華俳優陣に加え、板東英二とともに、いわゆる"非俳優"として好演しました。
俳優業のほか、ライブ活動にも力を入れ、ラジオのパ-ソナリティや、奈良県知事選挙出馬など、多方面で活躍されました。
2020年は、作曲家 筒美京平さん(享年80)、作詞家 なかにし礼さん(享年82)ら著名な音楽作家がこの世を去りました。
歌唱者とともに、作詞家・作曲家のことも思い浮かべながら、彼らが手掛けた曲を聴いたり、カラオケで歌ったりしています。

画像1枚目:「喝采」ジャケット・・・・歌詞や内容から「ドラマチック歌謡」といわれ、コロッケの物まねネタとしても知られます。
画像2枚目:「北酒場」ジャケット・・・・「欽ちゃんのどこまでやるの!」の番組内で毎週歌われたことから人気に火が付きました。

  1. 2021/02/13(土) 00:00:00|
  2. 音楽◆雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ム-ンライトながら 運転終了


21A-101-1.jpg

21A-102-1.jpg

21A-103-2.jpg

東海道本線・大垣~東京間で運行されてきた夜行快速列車「ム-ンライトながら」の運転終了が発表されました。
国鉄時代から「大垣夜行」として165系で運転され、1996年春に新型車両373系に置き換えられました。
2009年春より臨時列車(春夏休み・年末年始のみ運転)化され、183系・189系に置き換えられました。
2013年冬より現行の185系に置き換えられ、同車の老朽化による引退にともない、運転終了となります。
コロナ禍により利用動向の見通しが立たないため運転が休止され、事実上、昨年3月が最終運転となりました。
これまで、「大垣夜行」も含め計8回乗車し、コロナが終息したら利用を考えていただけに、残念でなりません。

画像1枚目:165系/東京にて(1996年5月乗車)・・・・多客時を中心に運転されていた「臨時大垣夜行」です。
画像2枚目:373系/東京にて(2002年10月乗車)・・・・混雑解消と着席確保を狙い指定席列車となりました。
画像3枚目:189系/大垣にて(2012年1月乗車)・・・・臨時列車化以降はJR東日本所属車の運転となりました。

関連記事:大垣夜行・初回乗車1993・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-1054.html

■JR東日本ニュ-ス・運転終了のお知らせ(6頁に記載)・・・・https://www.jreast.co.jp/press/2020/20210122_ho01.pdf

  1. 2021/02/06(土) 00:00:00|
  2. 鉄道◆雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

travelking0105

Author:travelking0105
旅行記を中心としたブログです。
旅好きな40代・二児の父です。
乗り物全般・映画・グルメの記事も
投稿しております。ご覧ください。

ランキングに参加しています

応援よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

旅行記<東日本編> (4)
旅行記<西日本編> (3)
旅行記<1992/93年> (11)
旅行記<1994年> (18)
旅行記<1995年> (30)
旅行記<1996年> (35)
旅行記<1997年> (9)
旅行記<1998年> (19)
旅行記<1999年> (9)
旅行記<2000年> (10)
旅行記<2001年> (5)
旅行記<2002年> (13)
旅行記<2003年> (55)
旅行記<2004年> (23)
旅行記<2005年> (37)
旅行記<2006年> (27)
旅行記<2007年> (45)
旅行記<2008年> (55)
旅行記<2009年> (65)
旅行記<2010年> (50)
旅行記<2011年> (50)
旅行記<2012年> (14)
旅行記<2013年> (14)
旅行記<2014年> (9)
旅行記<2015年> (15)
旅行記<2016年> (20)
旅行記<2017年> (20)
旅行記<2018年> (20)
旅行記<2019年> (20)
旅行記<2020年> (15)
旅行記<2021年> (15)
旅行記<2022年> (29)
旅行記<2023年> (35)
旅行記<2024年> (1)
クロスバイクの旅 (34)
各種イベント参加 (9)
岐阜バスの貸切車輌 (26)
国産クラシックカ- (8)
スカイラインの歴史 (13)
スケ-ルモデル (7)
自動車全般 (17)
バス◆雑記 (17)
鉄道◆雑記 (17)
音楽◆雑記 (9)
テレビ番組 (11)
日本映画レビュ- (2)
男はつらいよシリ-ズ (50)
トラック野郎シリ-ズ (10)
アルバムコレクション (14)
ラ-メンチェ-ン研究 (30)
グルメレポ-ト (50)
モモちゃん観察記 (57)
私の〇〇遍歴 (5)
たてもの探訪 (23)
ノンジャンル (38)
未分類 (0)

月別アーカイブ

このブログの訪問者

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR