トラベルキングの旅行記Ⅱ

★ 2019年7月に ヤフ-ブログより引っ越してまいりました。旅行記を地域別にご覧になる際は、カテゴリの「東日本編」「西日本編」よりお入りいただくと便利です。

男はつらいよシリ-ズ <第45作・寅次郎の青春>

 男はつらいよ 寅次郎の青春 (1992年12月公開) 


宮崎で女性美容師と知り合う寅次郎。一方、東京に就職した泉は満男と親密度を深めていた。同級生の結婚式に出席するため宮崎へ向かった泉は、
一年ぶりに寅次郎と再会する。寅さんが大ケガ!との知らせを受け、満男も特使として宮崎へ向かうが・・・・ 永瀬正敏も出演するシリ-ズ第45作。
◆マドンナ/後藤久美子(及川泉役)・風吹ジュン(富永蝶子役) ◆主要ロケ地/宮崎県日南・岐阜県下呂

 オ-プニング 

不忍池のほとり。文学博士・車寅次郎がシェイクスピアの翻訳に励んでいると、呉服屋の一人娘・泉と甥の満男
が駆け落ちしてきます。数人の用心棒が迫るが、文武両道を極めた博士には赤子の手をひねるようなものでした。
夢から覚めたのは、青島にある鬼の洗濯岩。主題歌内では、許可証無しで店を出している寅次郎とポンシュウに、
警官(赤塚真人)が退去を命じます。皆で片付けるも、バスガイドに見とれス-パ-ボ-ルをこぼしてしまいます。

 爆笑シーン 

泉から寅次郎が足をケガしたとの連絡を受け、宮崎へ向かう満男。本当の目的は、寅ではなく泉に会うためです。
泉と合流し、蝶子の弟・竜介(永瀬正敏)が運転する車に乗り込む満男。仲睦まじい二人を見て不機嫌になります。
祭には出掛けず蝶子の店にいると、竜介の結婚相手が訪ねてきました。誤解が解け、一目散に祭へ出掛ける満男。
夜になり、海岸でコンサ-トを行う竜介。心酔する泉の様子が面白くない満男は、つまらなさそうに振舞います。 

 心に残る名場面 

心臓手術で入院する母(夏木マリ)の看病のため、仕事を辞め名古屋へ帰る泉。満男は急いで東京駅へ向かいます。
泉から、もうなかなか東京へ戻れないと告げられる満男。「オレ、結局何の役にも立てなくて、泉ちゃんの周りを
ウロウロしているだけの間抜けだったな・・・」泉は涙をこらえて満男に抱きつき、自分からそっとキスをしました。
デッキに乗り込む泉。ドアが閉まり、何か伝えるも満男には聞こえません。動き出す新幹線を必死に追いました。

 エンディング 

正月を迎えた諏訪家。満男と博が江戸川堤防でジョギングをしています。「泉ちゃん。あけましておめでとう・・・」
満男のナレ-ションで年賀状が読まれます。「君の幸せを思うドジな人間がいることを時々思い出してください。」
場面は変わり、下呂温泉で啖呵売をする寅次郎とポンシュウ。新婚旅行中の竜介が現れ、蝶子が結婚したことを
聞かされます。内心穏やかでない寅次郎は、詳細を聞き出すべく竜介を喫茶店に誘い、エンディングを迎えます。

 総 括 

人気女優としてドラマや映画に多数出演する風吹ジュン。今作では、結婚を夢見る宮崎訛りの女性を演じました。
泉が就職したレコ-ド店の店長を演ずるのは、名脇役で知られる田山涼成。当時40歳の彼は若々しい印象です。
御前様役を長年演じた笠智衆は、今作公開の3ヶ月後に逝去(享年88)したため、最後の出演作品となりました。
第42作より4作連続で同シリ-ズに出演した後藤久美子。満男との恋の行方は、最終作までお預けとなります。

 PLAYBACK 1992 

■1992年(平成4年)のできごと・・・・東京佐川急便強制捜査(2月13日)/細川護熙ら日本新党結成(5月22日)
 山形新幹線開業(7月1日)/PKOとして自衛隊カンボジア派遣(9月)/クリントン米大統領選勝利(11月3日)
■1992年(平成4年)のヒット曲・・・・君がいるだけで(米米CLUB)/世界中の誰よりきっと(中山美穂&WANDS)
   涙のキッス(サザンオ-ルスタ-ズ)/悲しみは雪のように(浜田省吾)/クリスマスキャロルの頃には(稲垣潤一)

★ロケ地を訪ねて(本編の登場順)

☆画像:男はつらいよ 寅次郎の青春 <パイオニアLDC・定価4700円> 本編101分[主音声モノラル]
◇ジャケット(裏面)紹介・・・・後藤久美子・渥美清・風吹ジュン(左)、永瀬正敏・吉岡秀隆・後藤久美子(右)

  1. 2021/04/24(土) 00:00:00|
  2. 男はつらいよシリ-ズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

クロスバイクの旅【大縄場大橋・伊奈波神社】<2021/4/11>


21H-101.jpg

21H-102.jpg

21H-103.jpg

21H-104.jpg

21H-105.jpg

21H-106.jpg

岐阜市西部を出発し、大縄場大橋を渡って市中心部に入り、金華山の麓に鎮座する「伊奈波神社」で折り返しました。
途中、島南公園・美江寺公園・八ツ梅公園に立ち寄り、子供は遊具で遊び、大人は休憩をとりながら移動しました。
☆走行距離:19.5Km/所要時間:4時間(8:30出発)/実走行時間:1時間45分/天候:晴

画像1枚目:島南公園・・・・桜の木は花びらが完全に散り、木々は新緑で覆われ、清々しい気分に浸れます。
画像2枚目:大縄場大橋を渡る・・・・長良川に架かる橋で、左岸側は取付道路がル-プ構造となっています。
画像3枚目:岐阜市新庁舎(地上18階建て)・・・・岐阜大学医学部跡地に建設され、5月6日に開庁します。
画像4枚目:岐阜善光寺・・・・甲州征伐後、織田信長は善光寺本尊を岐阜に移し、孫・秀信が建立しました。
画像5枚目:伊奈波神社・・・・斎藤道三が稲葉山(金華山)に稲葉山城を築城する際、現在地に遷座しました。
画像6枚目:裁判所前交差点・・・・中央奥は岐阜市民会館、右奥にはNHK岐阜放送局の電波塔が見えます。

関連記事:伊奈波神社2007・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-196.html

■伊奈波神社・公式ホ-ムペ-ジ・・・・http://www.inabasan.com/

  1. 2021/04/17(土) 00:00:00|
  2. クロスバイクの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ <2021/4/4[日帰り]>


21G-101-1.jpg

21G-102-1.jpg

21G-103.jpg

21G-104.jpg

21G-105.jpg

21G-106.jpg

今回は、マイカ-利用で 岐阜県各務原市にある「世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ」へ行ってきました。
淡水魚専門の水族館としては世界最大級の規模を誇り、内陸型水族館として2004年7月に開業しました。
岐阜を9:00に出発、到着後、水族館に入館し、4階より順路に従って見学しました。(入館料1540円)
ショップにてオリジナルグッズを買い求め、河川環境楽園内の花見を楽しみ、12:00 岐阜に戻りました。
☆本日の走行距離:33Km

画像1枚目:建物外観・・・・事業主体は県ですが、運営は「江ノ島マリンコ-ポレ-ション」に委託しています。
画像2枚目:アルダブラゾウガメ・・・・絶滅の危機に瀕する世界最大のリクガメで、100年以上も生きます。
画像3枚目:長良川下流エリア・・・・羽島市・海津市の水田、用水路、河口域、汽水域をイメ-ジしています。
画像4枚目:メコン川中流エリア・・・・全長4400Kmの大河・メコン川中流をイメ-ジした巨大水槽です。
画像5枚目:企画展・トゲめくエイ・・・・水玉や花柄模様の美しいエイ、発電するエイなどを展示しています。
画像6枚目:複合型公園・河川環境楽園・・・・東海北陸道・川島P.Aに隣接し、直接入園することができます。

関連記事:138タワ-パ-ク・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-334.html

■世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ 公式ホ-ムペ-ジ・・・・https://aquatotto.com/

  1. 2021/04/10(土) 00:00:00|
  2. 旅行記<2021年>
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

近鉄名阪特急の世代交代


21F-101.jpg

21F-102-1.jpg

21F-103.jpg

私鉄最長の路線網をもつ近畿日本鉄道(近鉄)。そのうち、近鉄名古屋~大阪難波間で運行される特急を「名阪特急」と呼びます。
近鉄名古屋~鶴橋間にて津のみに停車する「甲特急」(毎時00分発)と、主要駅に停車する「乙特急」(毎時30分発)があります。
昨春には新型特急車両「ひのとり」が登場、全編成落成にともない、今春より「甲特急」は全て「ひのとり」に置き換えられました。
これまで「名阪甲特急」として運行されてきた「ア-バンライナ-plus/next」は、「名阪乙特急」と「名伊乙特急」に転用されます。
それにともない、「乙特急」を中心に汎用特急車として活躍してきた12200系(スナックカ-)が定期運用から離脱しました。
従って、近鉄特急を象徴するオレンジと紺のカラ-リングは消滅することになり、「名阪特急」の世代交代が一気に進みました。

画像1枚目:12200系・・・・他の汎用特急車が白を基調としたカラ-リングに変更される中、最後までオリジナル塗色を保ちました。
画像2枚目:21000系「ア-バンライナ-plus」・・・・「名阪ノンストップ特急」として運行され、走行中に運転士が交代していました。
画像3枚目:80000系「ひのとり」・・・・ハイデッカ-構造の先頭車は横3列のプレミアム車両となっており、前面展望が楽しめます。

関連記事:「ア-バンライナ-next」乗車2003・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-213.html

■近鉄公式ホ-ムペ-ジ内・「ひのとり」紹介・・・・https://www.kintetsu.co.jp/senden/hinotori/

  1. 2021/04/03(土) 00:00:00|
  2. 鉄道◆雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

travelking0105

Author:travelking0105
旅行記を中心としたブログです。
旅好きな40代・二児の父です。
乗り物全般・映画・グルメの記事も
投稿しております。ご覧ください。

ランキングに参加しています

応援よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

旅行記<東日本編> (4)
旅行記<西日本編> (3)
旅行記<1992/93年> (11)
旅行記<1994年> (18)
旅行記<1995年> (30)
旅行記<1996年> (35)
旅行記<1997年> (9)
旅行記<1998年> (19)
旅行記<1999年> (9)
旅行記<2000年> (10)
旅行記<2001年> (5)
旅行記<2002年> (13)
旅行記<2003年> (55)
旅行記<2004年> (23)
旅行記<2005年> (37)
旅行記<2006年> (27)
旅行記<2007年> (45)
旅行記<2008年> (55)
旅行記<2009年> (65)
旅行記<2010年> (50)
旅行記<2011年> (50)
旅行記<2012年> (14)
旅行記<2013年> (14)
旅行記<2014年> (9)
旅行記<2015年> (15)
旅行記<2016年> (20)
旅行記<2017年> (20)
旅行記<2018年> (20)
旅行記<2019年> (20)
旅行記<2020年> (15)
旅行記<2021年> (15)
旅行記<2022年> (29)
旅行記<2023年> (35)
旅行記<2024年> (1)
クロスバイクの旅 (34)
各種イベント参加 (9)
岐阜バスの貸切車輌 (26)
国産クラシックカ- (8)
スカイラインの歴史 (13)
スケ-ルモデル (7)
自動車全般 (17)
バス◆雑記 (17)
鉄道◆雑記 (17)
音楽◆雑記 (9)
テレビ番組 (11)
日本映画レビュ- (2)
男はつらいよシリ-ズ (50)
トラック野郎シリ-ズ (10)
アルバムコレクション (14)
ラ-メンチェ-ン研究 (30)
グルメレポ-ト (50)
モモちゃん観察記 (57)
私の〇〇遍歴 (5)
たてもの探訪 (23)
ノンジャンル (38)
未分類 (0)

月別アーカイブ

このブログの訪問者

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR