トラベルキングの旅行記Ⅱ

★ 2019年7月に ヤフ-ブログより引っ越してまいりました。旅行記を地域別にご覧になる際は、カテゴリの「東日本編」「西日本編」よりお入りいただくと便利です。

美濃和紙の里会館と美濃橋 <2023/2/5[日帰り]>


23D-101.jpg

23D-102.jpg

23D-103.jpg

23D-104.jpg

23D-105.jpg

23D-106.jpg

今回は、マイカ-利用で 岐阜県美濃市にある「美濃和紙の里会館」(入館料500円)へ行ってきました。
岐阜を9:00に出発、県道94号線(長良川右岸道路)→290号線を走り、10:00に到着しました。
同館は、美濃和紙の歴史や製造工程の紹介のほか、紙すき体験が出来るワ-クショップもある参加体験型
の施設です。館内の各展示物を見学後、紙すき体験のワ-クショップを楽しみ、12:00に出発しました。
途中、「道の駅・美濃にわか茶屋」にて昼食をとり、国道156号線を走り、14:30 岐阜に到着しました。
☆本日の走行距離:80Km

画像1枚目:建物外観・・・・美濃市中心部から車で15分ほどの板取川沿いにあります。(1994年開館)
画像2枚目:企画展示室・・・・地元の創作活動家による本美濃紙を使った「あかりア-ト」を展示しています。
画像3枚目:第1展示室・・・・ユネスコ無形文化遺産登録の本美濃紙をはじめ、各地の和紙を観覧できます。
画像4枚目:第2展示室・・・・和室と洋室の生活空間の中で、和紙をどのように使うか具体的に提案します。
画像5枚目:ワ-クショップ・・・・伝統的な「流しずき技法」による紙すきを体験できます。(体験料500円)
画像6枚目:美濃橋・・・・現存する最古の近代吊り橋で、人・自転車専用となっています。(1916年竣工)

関連記事:旧名鉄美濃駅2021・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-1127.html

■美濃和紙の里会館・公式ホ-ムペ-ジ・・・・http://www.city.mino.gifu.jp/minogami/

  1. 2023/03/25(土) 00:30:00|
  2. 旅行記<2023年>
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

餃子の王将


23C-101.jpg

23C-102.jpg

「餃子の王将」は、「株式会社王将フ-ドサ-ビス」が京阪神地区を中心に全国展開する中華料理チェ-ンです。
1967年に京都市内に1号店を開店し、現在、直営・フランチャイズあわせ700店舗以上を展開中です。
繁華街から郊外まで幅広いエリアに出店しており、オ-プンキッチンスタイルでの調理を基本としています。
今から40年ほど前、岐阜にも「餃子の王将」が進出し、家族で食べに行きました。餃子が180円、ラーメン
が350円と破格値でしたが、特別美味しいとは感じなかったと記憶しています。今では、町中華に負けない
レベルに達し、美味しい中華料理を手頃な価格でいただけるようになり、主にテイクアウトで利用しています。

画像1枚目:郊外型店舗・・・・主要道沿いに立地し、広い駐車場を完備し、交通整理の警備員を配置します。
画像2枚目:チャ-ハンとこってりラ-メンのセット・・・・2品に餃子1人前がついて1200円ほどです。

関連記事:ラ-メンチェ-ン研究・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-612.html
■餃子の王将(王将フ-ドサ-ビス)・公式ホ-ムペ-ジ・・・・https://www.ohsho.co.jp/

  1. 2023/03/18(土) 23:30:00|
  2. グルメレポ-ト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

新美南吉記念館と碧南海浜水族館 <2023/1/8[日帰り]>②終


23B-107.jpg

23B-108.jpg

23B-109.jpg

23B-110.jpg

23B-111-1.jpg

23B-112-2.jpg

半田市と碧南市を海底で結ぶ「衣浦トンネル」を経て、「碧南海浜水族館」(入館料520円)に立ち寄りました。
1階に水族館、2階に「碧南市青少年海の科学館」があり、双方を総称し「碧南マリンド-ム」と呼んでいます。
館内を見学後、三河七福神の一つに数えられる「妙福寺」に移動し、本堂を拝観後、16:30に出発しました。
半田インタ-より知多半島道路に入り、大高インタ-を経て、名古屋高速を一宮東出口まで走りました。
国道22号線→21号線を走り、18:30 岐阜に到着しました。 ☆本日の走行距離:183Km

画像1枚目:碧南海浜水族館・・・・「碧南市臨海公園」内にある市立の水族館で、1982年7月に開館しました。
画像2枚目:メイン水槽・・・・水量200トンの大水槽には、大型の魚を中心にサメやエイなどが泳いでいます。
画像3枚目:テ-マ別展示・・・・日本沿岸の魚をはじめ、矢作川や三河湾などに生息する地域の魚を展示します。
画像4枚目:小水槽・・・・色鮮やかな魚の細かな模様までじっくり観察できるよう、照度を上げ展示しています。
画像5枚目:妙福寺・山門・・・・浄土宗西山深草派の寺院で、三河新四国八十八ヶ所霊場73・74番札所です。
画像6枚目:毘沙門堂・・・・祀られる毘沙門天は聖徳太子御作と伝えられ、「日本三体毘沙門」の一つとされます。

関連記事:蒲郡 竹島水族館2018・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-937.html

■碧南海浜水族館・公式ホ-ムペ-ジ・・・・https://www.city.hekinan.lg.jp/aquarium/index.html

  1. 2023/03/11(土) 00:00:00|
  2. 旅行記<2023年>
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

新美南吉記念館と碧南海浜水族館 <2023/1/8[日帰り]>①


23B-101.jpg

23B-102.jpg

23B-103.jpg

23B-104.jpg

23B-105.jpg

23B-106-1.jpg

今回は、マイカ-利用で 愛知県の「新美南吉記念館」(半田市)と「碧南海浜水族館」(碧南市)へ行ってきました。
岐阜を11:00に出発、岐阜羽島インタ-より名神高速に入り、一宮インタ-より名古屋高速に入りました。
大高インタ-を経て、知多半島道路を半田中央インタ-まで走り、12:30 「新美南吉生家」に到着しました。
童話「ごん狐」で知られる児童文学作家・新美南吉は、1913年に知多郡半田町(現・半田市)に生まれました。
生家の内部を見学後、遅めの昼食を挟み、「新美南吉記念館」(入館料220円)に移動し、館内を見学しました。
次に、「半田赤レンガ建物」(入館料200円)に立ち寄り、ビ-ル工場として使われていた場内を見学しました。

画像1枚目:知多半島道路・阿久比パ-キングエリア・・・・近年、建築家・隈研吾監修のもと、改修されました。
画像2枚目:新美南吉生家・・・・道から見て、右側が父・多蔵が営む畳屋、左側が継母・志んが営む下駄屋です。
画像3枚目:新美南吉記念館・・・・生誕80周年、没後50周年を記念し、「ごん狐」舞台の地に開設されました。
画像4枚目:新美南吉生誕110周年の告知板・・・・病弱であった南吉は、結核により29歳で亡くなりました。
画像5枚目:館内・・・・南吉が残した原稿や日記・手紙などの資料のほか、作品のジオラマが展示されています。
画像6枚目:半田赤レンガ建物(近代化産業遺産)・・・・1898年に丸三麦酒の製造工場として建てられました。

関連記事:ミツカンミュ-ジアム2018・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-932.html

■新美南吉記念館・公式ホ-ムペ-ジ・・・・http://www.nankichi.gr.jp/

  1. 2023/03/04(土) 00:00:00|
  2. 旅行記<2023年>
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

プロフィール

travelking0105

Author:travelking0105
旅行記を中心としたブログです。
旅好きな40代・二児の父です。
乗り物全般・映画・グルメの記事も
投稿しております。ご覧ください。

ランキングに参加しています

応援よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

旅行記<東日本編> (4)
旅行記<西日本編> (3)
旅行記<1992/93年> (11)
旅行記<1994年> (18)
旅行記<1995年> (30)
旅行記<1996年> (35)
旅行記<1997年> (9)
旅行記<1998年> (19)
旅行記<1999年> (9)
旅行記<2000年> (10)
旅行記<2001年> (5)
旅行記<2002年> (13)
旅行記<2003年> (55)
旅行記<2004年> (23)
旅行記<2005年> (37)
旅行記<2006年> (27)
旅行記<2007年> (45)
旅行記<2008年> (55)
旅行記<2009年> (65)
旅行記<2010年> (50)
旅行記<2011年> (50)
旅行記<2012年> (14)
旅行記<2013年> (14)
旅行記<2014年> (9)
旅行記<2015年> (15)
旅行記<2016年> (20)
旅行記<2017年> (20)
旅行記<2018年> (20)
旅行記<2019年> (20)
旅行記<2020年> (15)
旅行記<2021年> (15)
旅行記<2022年> (29)
旅行記<2023年> (35)
旅行記<2024年> (5)
クロスバイクの旅 (34)
各種イベント参加 (9)
岐阜バスの貸切車輌 (26)
国産クラシックカ- (9)
スカイラインの歴史 (13)
スケ-ルモデル (7)
自動車全般 (17)
バス◆雑記 (17)
鉄道◆雑記 (18)
音楽◆雑記 (9)
テレビ番組 (11)
日本映画レビュ- (2)
男はつらいよシリ-ズ (50)
トラック野郎シリ-ズ (10)
アルバムコレクション (3)
ラ-メンチェ-ン研究 (30)
グルメレポ-ト (51)
モモちゃん観察記 (57)
私の〇〇遍歴 (5)
たてもの探訪 (23)
ノンジャンル (39)
未分類 (0)

月別アーカイブ

このブログの訪問者

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR