トラベルキングの旅行記Ⅱ

★2019年7月のブログ移行にともない、各記事の修正を進めております。このたび、カテゴリ 「ノンジャンル」 より独立させ、新カテゴリ 「私の〇〇遍歴」 を追加しました。ぜひ、ご覧ください。

板取川 洞戸観光ヤナ


22CC-101.jpg

22CC-102.jpg

8月末、岐阜県関市(旧洞戸村)にある「板取川 洞戸観光ヤナ」へ鮎料理を食べに行ってきました。
ヤナ(簗)は人工的に河川の水流を堰き止め、誘導されてきた魚類の流路を塞ぎ捕獲する漁法です。
「洞戸観光ヤナ」は板取川で唯一 ヤナ場がある店で、知名度が高く県内外から多くの客が訪れます。
塩焼き2匹、煮付け1匹、魚田1匹、雑炊、フライ、一夜干しが付く Bコ-ス(3600円)を注文
しました。テ-ブルに備え付けのロ-スタ-で 串刺しにされた塩焼きや魚田を焼いていただきます。
天然ではなく養殖の鮎でしたが、清流のせせらぎが聞こえる開放的な店内で鮎料理を堪能できました。

画像1枚目:洞戸観光ヤナ・・・・清流長良川の支流 板取川沿いにあり、360人を収容できる大型店です。
画像2枚目:煮付けと塩焼き・・・・コ-ス料理(3100円~5100円)のほか、一品料理も取り揃えます。

関連記事:揖斐川 川口やな・・・・https://travelking0105.blog.fc2.com/blog-entry-596.html
■板取川 洞戸観光ヤナ・公式ホ-ムペ-ジ・・・・https://horado-yana.com/

  1. 2022/09/24(土) 00:00:00|
  2. グルメレポ-ト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<越前そばの里と福井県立恐竜博物館 <2022/8/14[日帰り]>① | ホーム | 美川憲一さん来たる>>

コメント

 学生の頃、後輩に案内されて、岐阜県内の簗場で鮎を食べました。場所はどこでしたか、関の刃物会館へ行った日の昼に簗場へ行ったはずなので、もしかしたら、この「洞戸観光ヤナ」だったのかも知れません。

 こちらの簗場は、いつ頃から営業しているんでしょうねえ。
  1. 2022/09/24(土) 00:32:31 |
  2. URL |
  3. kuroyuonsen #-
  4. [ 編集 ]

 過去記事を拝見すると、魚田の画像がありました。想像するに、田楽味噌を塗った鮎の田楽のようですね。

 30数年前に私が行った簗場で、鮎を何匹も食べましたので、その中には魚田も含まれていたかも知れません。何しろはるか昔の出来事ですので、記憶もあいまいです。
  1. 2022/09/24(土) 00:33:24 |
  2. URL |
  3. kuroyuonsen #-
  4. [ 編集 ]

やな

洞戸やなはよく両親と行きました
懐かしいな
来年は行けたらいいな
お腹いっぱい鮎を食べたいです❤️
岐阜いいですね
  1. 2022/09/24(土) 16:49:44 |
  2. URL |
  3. メイ #-
  4. [ 編集 ]

kuroyuonsen様。
洞戸観光ヤナは、刃物会館がある関市中心部から車で30分程度の場所にあります。板取川には他にもヤナが数軒ありますが、もしかすると食事をされたのは洞戸観光ヤナだったかもしれませんね。ホ-ムペ-ジで洞戸観光ヤナの会社概要を調べてみますと35周年を迎えたとありますので、開業は1986年頃である推測されます。
  1. 2022/09/25(日) 06:22:00 |
  2. URL |
  3. Travelking #-
  4. [ 編集 ]

kuroyuonsen様。
串に刺した豆腐・ナス・こんにゃくなどに味噌をつけて焼いたものを「田楽」と呼びますので、鮎の場合は「魚田」と呼んでいるのでしょう。洞戸観光ヤナでは、串刺しの鮎に各自の好みで食塩や味噌をかけてロ-スタ-で焼いていただきましたので、味噌が苦手な人は塩焼きばかりでもいただけるよう配慮されていたのかもしれません。
  1. 2022/09/25(日) 06:35:13 |
  2. URL |
  3. Travelking #-
  4. [ 編集 ]

メイ様。
夏といえばヤナですね。比較的高額なため家族で訪問することはなく、今回はお義父さんのお誘いで13年ぶりに訪れました。川原に夏場のみ設営するヤナも少なくありませんが、洞戸観光ヤナは設備が整い駐車場も広く行きやすいヤナですね。Bコ-スでも十分満腹になりましたが、お財布に余裕があればフルコ-スがお奨めです。
  1. 2022/09/25(日) 07:27:25 |
  2. URL |
  3. Travelking #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://travelking0105.blog.fc2.com/tb.php/1172-ba64c39f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

travelking0105

Author:travelking0105
旅行記を中心としたブログです。
旅好きな40代・二児の父です。
乗り物全般・映画・グルメの記事も
投稿しております。ご覧ください。

ランキングに参加しています

応援よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

旅行記<東日本編> (4)
旅行記<西日本編> (3)
旅行記<1992/93年> (11)
旅行記<1994年> (18)
旅行記<1995年> (30)
旅行記<1996年> (35)
旅行記<1997年> (9)
旅行記<1998年> (19)
旅行記<1999年> (9)
旅行記<2000年> (10)
旅行記<2001年> (5)
旅行記<2002年> (13)
旅行記<2003年> (55)
旅行記<2004年> (23)
旅行記<2005年> (37)
旅行記<2006年> (27)
旅行記<2007年> (45)
旅行記<2008年> (55)
旅行記<2009年> (65)
旅行記<2010年> (50)
旅行記<2011年> (50)
旅行記<2012年> (14)
旅行記<2013年> (14)
旅行記<2014年> (9)
旅行記<2015年> (15)
旅行記<2016年> (20)
旅行記<2017年> (20)
旅行記<2018年> (20)
旅行記<2019年> (20)
旅行記<2020年> (15)
旅行記<2021年> (15)
旅行記<2022年> (21)
クロスバイクの旅 (32)
各種イベント参加 (7)
岐阜バスの貸切車輌 (26)
国産乗用車カタログ (5)
スカイラインの歴史 (13)
スケ-ルモデル (8)
自動車全般 (19)
バス◆雑記 (17)
鉄道◆雑記 (14)
音楽◆雑記 (8)
テレビ番組 (8)
日本映画レビュ- (2)
男はつらいよシリ-ズ (50)
トラック野郎シリ-ズ (10)
アルバムコレクション (14)
ラ-メンチェ-ン研究 (30)
グルメレポ-ト (43)
モモちゃん観察記 (57)
私の〇〇遍歴 (5)
たてもの探訪 (23)
ノンジャンル (35)
未分類 (0)

月別アーカイブ

このブログの訪問者

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR