トラベルキングの旅行記Ⅱ

★ 2019年7月に ヤフ-ブログより引っ越してまいりました。旅行記を地域別にご覧になる際は、カテゴリの「東日本編」「西日本編」よりお入りいただくと便利です。

稲垣潤一 「オン・テレビジョン」

 on TELEVISION 



「オン・テレビジョン」は、1992年12月にリリ-スされた「ベストアルバム」(テレビ・CM起用曲の特集盤)です。
代表曲「バチェラ-・ガ-ル」「クリスマスキャロルの頃には」を含む全13曲を収録。(オリコンチャ-ト3位獲得)

[収録曲]
① 世界でたったひとりの君に     作詞 渡辺なつみ/作曲 桑村達人
② 君に逢いたい午後         作詞 秋元康/作曲 MAYUMI
③ バチェラ-・ガ-ル        作詞 松本隆/作曲 大瀧詠一
④ 1969の片想い         作詞 秋元康/作曲 桑村達人
⑤ メリ-クリスマスが言えない    作詞 秋元康/作曲 松本俊明
⑥ クリスマスキャロルの頃には    作詞 秋元康/作曲 三井誠
⑦ 心からオネスティ         作詞 大津あきら/作曲 松本俊明
⑧ April                    作詞 秋元康/作曲 木戸やすひろ
⑨ 1ダースの言い訳         作詞 秋元康/作曲 林哲司
⑩ 時を越えて            作詞 さがらよしあき/作曲 MAYUMI
⑪ トライアングル          作詞 松本一起/作曲 崎谷健次郎
⑫ 思い出のビーチクラブ       作詞 売野雅勇/作曲 林哲司
⑬ Congratulations                          作詞 秋元康/作曲 Joey Carbone

 曲 目 解 説

世界でたったひとりの君に・・・・1992年5月リリ-ス。「ケンタッキ-フライドチキン」CMイメ-ジソングに起用。
君に逢いたい午後・・・・「なるほど・ザ・ワ-ルド」エンディングテ-マ。アルバム「HEART & SOUL」に収録。
心からオネスティ・・・・1990年6月リリ-ス。「明治乳業 明治ブリック」CMイメ-ジソングに起用。
April・・・・1986年2月リリ-ス。「SANYO テレコU4CD」CMイメ-ジソングに起用。
時を越えて・・・・「日本生命」CMイメ-ジソングに起用。アルバム「Mind Note」に収録。
トライアングル・・・・ドラマ「キスの温度」挿入歌。アルバム「Mind Note」に収録。

 BIOGRAPHY 

1982年1月 シングル「雨のリグレット」(作詞 湯川れい子/作曲 松尾一彦)でデビュ-しました。
1982年10月 シングル「ドラマティック・レイン」(作詞 秋元康/作曲 筒美京平)をリリ-スしヒット。
1992年10月 シングル「クリスマスキャロルの頃には」をリリ-ス。自身最大のヒット曲となります。
2005年12月 東芝EMI時代からのシングルすべてを収録した3枚組「コンプリ-トベスト盤」を発売。
2008年11月 杏里のヒットナンバ-「悲しみがとまらない」を、小柳ゆきとのデュエットでカバ-しリリ-ス。
2008年11月 女性ア-ティストとのデュエットアルバム「男と女 TWO HEARTS TWO VOICES」をリリ-ス。

 稲垣潤一との出会い・総 括 

1992年末、FMラジオで「クリスマスキャロルの頃には」が大量にオンエアされ、稲垣潤一の存在を知ります。
透き通ったボ-カル、どこかで聴き覚えのあるキャッチ-なナンバ-が気に入り、以後 彼のファンとなりました。
レパ-トリ-は、他の作詞家・作曲家提供による楽曲がほとんどで、クレジットには有名作家陣が名を連ねます。
「シンガ-ソングライタ-」がもてはやされた時期にデビュ-したソロミュ-ジシャンとしては、珍しい存在です。
彼の曲はCMソングに多く起用され、タイヤメ-カ-・化粧品メ-カ-・家電メ-カ-など多岐にわたります。
「東芝EMI」「BMG」「テイチク」を経て、現在は「ユニバ-サルミュ-ジック」レ-ベルにて活動しています。



 私が選ぶ 稲垣潤一の名曲ベスト5

第1位:クリスマスキャロルの頃には・・・・ドラマ「ホ-ムワ-ク」主題歌。170万枚超の売上を記録。
第2位:思い出のビ-チクラブ・・・・1987年4月リリ-ス。同曲のヒットで 紅白初出場を果たします。
第3位:バチェラ-・ガ-ル・・・・1985年7月リリ-ス。同時期に大瀧詠一がセルフカバ-しています。
第4位:1ダ-スの言い訳・・・・1986年2月リリ-ス。「ア~1ダ-スの・・・・」 サビの部分が印象的な曲。
第5位:1969の片想い・・・・1989年10月リリ-ス。「JTサムタイムライト」CMイメ-ジソングに起用。

☆画像・・・・「Junichi Inagaki on TELEVISION」 <ファンハウス・定価3000円> 一般的に「ON TV」と呼ばれます。
■稲垣潤一 オフィシャルサイト・・・・http://www.j-inagaki.com/

  1. 2009/03/28(土) 23:06:00|
  2. アルバムコレクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<埋もれるモモちゃん | ホーム | 南海・近鉄・名鉄乗り継ぎ旅 <1998/7/18~20[2泊3日]>⑦終>>

コメント

No title

彼のレコードで持ってるのは「ドラマティック・レイン」だけです。
横浜タイヤのCMソングでした。
今でも時々、針を落として聴いてますσ(^-^;
  1. 2009/03/29(日) 18:23:00 |
  2. URL |
  3. ドアラチックな勝利 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

hirohiro様。♪ドラマティクレインもいい曲です。これも、ヨコハマゴムのCM曲でしたか。
自宅にレコ-ドの機器はありますが、使い方が分かりません。
コメントありがとうございました。
  1. 2009/03/30(月) 06:13:00 |
  2. URL |
  3. Travel King #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

稲垣潤一さん、大好きです♪^^
バチェラ-・ガ-ル、1ダ-スの言い訳、思い出のビ-チクラブの頃がいいですネ~。^^
  1. 2009/03/30(月) 09:02:00 |
  2. URL |
  3. - #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

稲垣潤一というと「夏のクラクション」「エスケイプ」そして「ドラマティック・レイン」かな~
ううう、入ってない・・・
  1. 2009/03/30(月) 19:19:00 |
  2. URL |
  3. - #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

えええっっっ、レコードプレーヤーを使った事が無いんだ!
やはり私よりも、かなりお若いんですね(^^ゞ
  1. 2009/03/30(月) 20:55:00 |
  2. URL |
  3. ドアラチックな勝利 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ひろちゃん様。分かりやすい歌詞、親しみやすいメロディ。稲垣潤一の人気の秘密だと思います。
80年代後半~90年代前半は彼が最もブレイクした時期で、ヒット曲も集中していますね。
コメントありがとうございました。
  1. 2009/03/30(月) 22:09:00 |
  2. URL |
  3. Travel King #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

小寅様。稲垣潤一の初期の楽曲では、ドラムを叩きながら歌うというイメ-ジがあります。
デビュ-は29歳と比較的遅めでしたが、55歳となった現在も声質は変わりません。
コメントありがとうございました。
  1. 2009/03/30(月) 23:11:00 |
  2. URL |
  3. Travel King #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

「クリスマスキャロル…」が好きです。
この方の声はファンが多いんじゃないかなーと思います。
もう55歳になられたとは…時の経つのは早いですね。
  1. 2009/03/31(火) 00:03:00 |
  2. URL |
  3. TR #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

hirohiro様。そうなんです。一回り以上若いんですが、ベテラン勢の楽曲を好んで聴きます。
リマスタリングされた高音質のCDもいいですが、アナログのレコ-ドも味があるんでしょうね。
コメントありがとうございました。
  1. 2009/03/31(火) 00:21:00 |
  2. URL |
  3. Travel King #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

tea rose様。「クリスマスキャロルの頃には」は、今でもシ-ズンになるとオンエアされますね。
1フレ-ズ聴いただけで、彼の声だと分かる唯一無二の存在。固定ファンも多いことと思います。
コメントありがとうございました。
  1. 2009/03/31(火) 00:32:00 |
  2. URL |
  3. Travel King #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ドラマティック・レインとかの代表曲、数曲しか知らないけど
独特のあの歌声は、自分的には小田和正の次に好きですね。
  1. 2009/03/31(火) 09:40:00 |
  2. URL |
  3. 一生一度ならオカマも主役サ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

チョイワル様。稲垣潤一は、日本を代表する「男性ヴォ-カリスト」の一人といえますね。
小田和正は、オフコ-ス時代からのファンです。彼のアルバムも紹介したいと思います。
コメントありがとうございました。
  1. 2009/03/31(火) 22:55:00 |
  2. URL |
  3. Travel King #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://travelking0105.blog.fc2.com/tb.php/507-abf0ef23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

travelking0105

Author:travelking0105
旅行記を中心としたブログです。
旅好きな40代・二児の父です。
乗り物全般・映画・グルメの記事も
投稿しております。ご覧ください。

ランキングに参加しています

応援よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

旅行記<東日本編> (4)
旅行記<西日本編> (3)
旅行記<1992/93年> (11)
旅行記<1994年> (18)
旅行記<1995年> (30)
旅行記<1996年> (35)
旅行記<1997年> (9)
旅行記<1998年> (19)
旅行記<1999年> (9)
旅行記<2000年> (10)
旅行記<2001年> (5)
旅行記<2002年> (13)
旅行記<2003年> (55)
旅行記<2004年> (23)
旅行記<2005年> (37)
旅行記<2006年> (27)
旅行記<2007年> (45)
旅行記<2008年> (55)
旅行記<2009年> (65)
旅行記<2010年> (50)
旅行記<2011年> (50)
旅行記<2012年> (14)
旅行記<2013年> (14)
旅行記<2014年> (9)
旅行記<2015年> (15)
旅行記<2016年> (20)
旅行記<2017年> (20)
旅行記<2018年> (20)
旅行記<2019年> (20)
旅行記<2020年> (15)
旅行記<2021年> (15)
旅行記<2022年> (29)
旅行記<2023年> (35)
旅行記<2024年> (1)
クロスバイクの旅 (34)
各種イベント参加 (9)
岐阜バスの貸切車輌 (26)
国産クラシックカ- (8)
スカイラインの歴史 (13)
スケ-ルモデル (7)
自動車全般 (17)
バス◆雑記 (17)
鉄道◆雑記 (17)
音楽◆雑記 (9)
テレビ番組 (11)
日本映画レビュ- (2)
男はつらいよシリ-ズ (50)
トラック野郎シリ-ズ (10)
アルバムコレクション (14)
ラ-メンチェ-ン研究 (30)
グルメレポ-ト (50)
モモちゃん観察記 (57)
私の〇〇遍歴 (5)
たてもの探訪 (23)
ノンジャンル (38)
未分類 (0)

月別アーカイブ

このブログの訪問者

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR